照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPECIAL ENTRY & INFORMATION
↓↓ 最新のエントリーは2番目から掲載しています ↓↓

(レポート) テゲバジャーロ宮崎 vs コバルトーレ女川
 2018年5月3日、第20回日本フットボールリーグの1stステージ第8節が全国各地で行われた。最下位のテゲバジャーロ宮崎は、同じ昇格組のコバルトーレ女川と対戦。8-1で大勝して、ホームゲームでの初勝利を手にした。しかし、3日後の次節は下位チームに敗戦。チームは最下位を脱出できずにいる。
(PC版) (携帯版)
水永のゴール

当面の方針
 大会の日程や試合の情報、結果などは記事にしません。基本的には、レポートかコラムだけを書きます。自分自身の興味の対象外のものも扱いません。

最近のお仕事
競馬ゲーム『Winning Post 8 2015』(PC)(携帯)、競馬ゲーム『Winning Post 8』(PC)(携帯)

ひとこと
 電車代が高い。

↓↓ 最新のエントリーはこの下から掲載しています ↓↓
スポンサーサイト
テゲバジャーロ宮崎のJFLホーム初勝利
 2018年5月3日、第20回日本フットボールリーグの1stステージ第8節が全国各地で行われた。最下位のテゲバジャーロ宮崎は、同じ昇格組のコバルトーレ女川と対戦。8-1で大勝して、ホームゲームでの初勝利を手にした。しかし、3日後の次節は下位チームに敗戦。チームは最下位を脱出できずにいる。
スタンドに礼
[READ MORE...]
JFLで初めての宮崎ダービー
 2018年4月15日、都農町の藤見総合運動公園陸上競技場で第20回日本フットボールリーグの1stステージ第6節が行われた。対戦したのはテゲバジャーロ宮崎とホンダロックSC。JFLで初めて実現した“宮崎ダービー”は、ホンダロックSCが貫禄十分に勝利した。両チームは、5月13日に同所で開催される天皇杯県大会決勝で再び戦う。
看板
[READ MORE...]
試合は「2-5」、客入りは「466人」
 2018年4月1日、テゲバジャーロ宮崎は宮崎県総合運動公園でシーズン2戦目のホームゲームを戦った。JFLを2連覇中のHonda FC相手に、本拠地の宮崎市でホーム初勝利を飾れるか期待されたものの、試合は2-5で完敗。スタンドも空席が目立ち、厳しい現実をクラブに突きつける形になった。
466人の客入り
[READ MORE...]
テゲバジャーロ初のJFLホーム戦
 2018年の3月18日は、宮崎県のサッカーにとって歴史的な一日となった。日本フットボールリーグ(JFL)の試合が、県内で2つ開催されたからである。1試合は都農で、ホンダロックSCvsラインメール青森。もう1試合が、JFLに今年から参戦しているテゲバジャーロ宮崎のホーム開幕戦(延岡でのvsFC大阪)だった。テゲバはこの試合に敗れたものの、次節のアウェー・FC今治戦で初勝利。4月1日のHonda FC戦でホーム初勝利を狙う。
グッズ売っちょるよ~
[READ MORE...]
テゲバジャーロ宮崎 2018年キックオフパーティー
 2月17日の土曜日、JR宮崎駅のそばにあるホテルニューウェルシティ宮崎で、テゲバジャーロ宮崎がキックオフパーティーを開催した。今シーズンから参戦する第20回フットボールリーグ(JFL)の開幕が3週間後に迫り、前日にはJFLの全日程が発表されるなど、開幕ムードは高まっている。そんななか、ファンや来賓、メディアが見守る前で新しいユニフォームやスローガン、そして今シーズンを戦う選手たちが発表された。
選手せいぞろい
[READ MORE...]
1月15日、テゲバジャーロ宮崎のニュースいろいろ……
 2018年1月15日。自分が意表をつかれたのは、宮崎市のホームページに「全日本プロレスの宮原選手が市長表敬」という記事が載っていたことだ。明日らしい。2月に宮崎市で全日の大会があるからだけど。市長は、宮原を知らないのでは? 馬場や鶴田、天龍で止まっていそう……。

 それはさておき。自分が2018年の最初に書く記事。帰宅して、ニュースを見て、速攻で書かなアカンと思った。
 本日は、テゲバジャーロ宮崎に関するニュースが相次いだ。「宮崎神宮での必勝祈願」「新加入選手」「JFLの開幕カード発表」。しかし、全国メディアで報じられ、ローカルのテレビニュースで取り上げられ、そしてSNSでかなりの勢いで拡散されたのは「所属選手の窃盗による逮捕」だった。
[READ MORE...]
郷土出身力士の2017年を振り返る
 宮崎県出身力士の2017年の成績などを振り返ってみたい。ただし、12月の時点で現役の5人に限る。

【琴恵光 (延岡市)】
 宮崎県では唯一の関取。今年は初めて、一年を通して関取の座を守った。ただ、成績は「勝ち越し→負け越し」の繰り返し。勝ち越しも8勝のみだったから、伸び悩んでいると言える。
 身長は176cm、体重は134kg。これ以上、身体は大きくできないだろう。一番強化すべきは、立会いだろうか。立会いのスピードを上げて、常に先手を取れるようにするしかないのでは。技巧に秀でている、というわけでもない。
 相撲とは関係ないが、インスタが面白いので、もっと更新してほしい。

【勇輝 (宮崎市)】
 初土俵から12年、初めて幕下に上がってから3年になるが、いまだに幕下での勝ち越しがない。幕下だった九月場所は全敗、三段目だった九州場所も2勝止まりだったから、来年は三段目中位からのスタートになる。

【春日国 (小林市)】
 36歳は、宮崎県出身力士では最年長。さすがに実力は下降線のはずだが、三段目中位に留まっているので立派と言える。今年は勝ち越しが3回だった。
 ちなみに、日馬富士の付け人だったと思うのだが、どうなるのだろうか。

【琴熊添 (小林市)】
 昨年の三月場所で期待されてデビューしたものの、すぐに休場がつづいて番付外に。今年五月場所の前相撲でようやく復帰し、翌場所からは序ノ口→序二段→三段目とすべて勝ち越した。来年は三段目中位で始まると思われる。まだ20歳。琴恵光をのぞく郷土力士で唯一、幕下以上が狙える存在だ。

【二十城 (都城市)】
 一月場所こそ三段目で勝ち越したが、その後は三段目と序二段を行ったり来たりだった。ここらへんが定位置になって久しい。
大相撲の末川が引退、川南町出身の新人がデビュー予定
 えびの市出身の大相撲力士、末川が九州場所後に引退した。
 阿武松部屋の末川(本名は末川秀太)は2009年春場所初土俵。膝の大怪我などもあり、二度の番付外を経験したが、そのたびに再起して番付を上げていた。自己最高位は、今年五月場所の東幕下60枚目。押し相撲の力士だった。
 阿武松部屋のおかみさんブログによると、引退後は故郷で就職するとのこと。断髪式の様子も紹介されているが、えびの市長が訪れるなど、盛大に見送られたようだ。

 末川の引退により、宮崎県出身力士は5人に減る。しかし、早くも新人の情報が。
 川南町出身の棚橋慎之介さんが武蔵川部屋に入門し、来年の初場所で初土俵を踏むそうだ。身長は176cmで、体重は95kg。延岡学園高校の柔道部からは、佐渡ヶ嶽部屋の琴熊添から2年ぶりの大相撲入りとなる。
青島太平洋マラソンで自己ベストを更新し、明日葉うどんに舌鼓を打った話
 タイトルの主語は「自分が」ではなく、「自分のタニマチである野辺くんが」だけど。

 宮崎の12月の風物詩である『青島太平洋マラソン2017』が12月10日に行われた。
 アオタイといえば雨と無縁なのが強みだったのだが、今年はついに雨に祟られることに……。とはいっても、良い天気で朝が始まり、昼前から小雨がパサつく程度だったので、野辺くんは「気にならなかった」と言っていたが。昼過ぎから本降りになったので、タイムが6時間前後のランナーや大会ボランティアには気の毒だったかもしれない。西日本は崩れた天気だったので、宮崎はよく持ちこたえたのかなと思う。

 さて、野辺くんがアオタイに出場するのは2年ぶり。たしか約15年ほど連続で出場していたのだが、昨年は薬局の在宅日が重なって出場を断念していた。
 野辺くんのフルマラソンは、3月の鹿児島マラソン以来。10月の出水ツルマラソン(鹿児島)にエントリーしていたものの、衆院選で中止になっていた。あまり走り込みができなかっただけに、本人は事前に「4時間半」とタイムを予想していたのだが、結果は4時間9分52秒。まさかの自己ベスト更新だった。
 ちなみに、アオタイは陸連の公認大会になったので、完走証には5kmごとのタイムが記載されている(以前は中間タイムのみ)。それを見ると、20kmまでは26分ペースで来て(本人はサブフォーを意識)、後半に入ると1~2分遅くなり始めて(まだ意識)、35kmからガクッと落ちている(あきらめて日向夏ゼリーを食す)。
 それでも、大した結果だと思う。自分の予想より速かった。

 自分は、10時半ごろに江平で待機していた。神宮から五差路までの沿道は混むから、五差路からデパート前の復路沿いで。野辺くんが自分を見つけやすいように。これが上手くいった。「足がてっげ軽ぃ!」とか言っていたので、「(後半のために)抑えろよ!」とアドバイスしたかったが、間に合わなかった。
 自分はいったん帰宅してから、JR宮崎駅に向かい、電車で木花に移動。運動公園内の40km過ぎあたりで野辺くんを捕まえて、「サブフォーは無理だけど、4時間10分は切れるぞ!」と励まして、ゴール地点で待った。

 木花の運動公園はイベント会場と化し、出店も多い。帰る前に寄ったステージではちょうど、我らが高校の後輩たちが踊っていた。出店で行列が並んでいたのは、うどん。野辺くんと自分は「明日葉うどん(350円)」を食べた。
 この明日葉は青島・内海地区で作られているもので、アオタイには毎年出店している。じつは、明日葉は自分の大好物。東京の八丈島料理店で食べる「明日葉の天ぷら」は絶品だった(青ヶ島の青酎もあれば最高)。それが宮崎で食べられるのはうれしい。ちなみに、店では明日葉の天ぷら(100円)の他に、明日葉の粉末やせんべいも売っていた。
 明日葉うどんは、細めのうどんに明日葉が練り込まれている(やや緑色)。その上に、明日葉の天ぷらがどっさり。熱いつゆは冷えた身体を温めてくれるし、うどんと天ぷらはボリュームがたっぷり。とっても美味しかった。
 明日葉うどんは、道の駅フェニックスにあるレストランのメニューになっている。もっとPRして、他でも食べられるようにしてほしい。
 うどんを食べて、野辺くんと自分は木花を後にした。

 アオタイといえば、いろいろなユニフォームやコスプレで走るランナーもいる。自分は、テゲバジャーロ宮崎のユニフォームを着ているランナーを2人見た。野球関連は、カープが多かったような気がする。

 最後に。12,100人のランナー、3,300人のボランティアの皆様、おつかれさまでした。
なかまち薬局 (小林市細野)
 小林市にある『なかまち薬局』は、整形外科押領司病院とフレンドクリニックの処方箋を受け付けている薬局です。衛生用品や栄養ドリンクの販売も行っています。
 薬剤師の野辺君は、照屋の宮崎北高校時代からの友人です。スポーツイベントがあるときに車で会場まで送ってくれるなど、自分の活動をときどきサポートしてくれています。逆に、休日開局のときは、照屋が医療事務の手伝いをしています。

【ポイント】
・整形外科押領司病院、フレンドクリニックの処方箋がメイン。
・他のすべての医療機関の処方箋も受け付けている。
・丁寧で親切な対応がモットー。
・薬剤師の野辺君は大のカープファンでスポーツ好き。ソフトボールのメンバーを募集中!
・同じ番地の裏側にあるのは、「ぼうちーず」で有名なお店。
なかまち薬局 野辺君
[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。