照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)



記事の内容
*前へ | 次へ#

第88回天皇杯サッカー宮崎県予選の結果
2008/08/31 15:24

 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会の宮崎県予選が小林総合運動公園で7月27日に開幕。
 初日は1回戦4試合が行われた。県リーグ上位同士の対戦となったMSU FCvs延岡市SCは、PK戦までもつれこみ、延岡市SCが勝利を手にした。もう1試合は、バイオリズムの良かった(?)エストレーラ宮崎FCが得点を積み重ね、寺門健に大勝。学生同士の激戦は都城工業高校、都城ダービーはディナモ都城が制した。
 8月3日と10日は2回戦があり、高校同士の対戦は都城工業高校が制した。県リーグ同士の試合を勝ち上がったのはJURI SCとディナモ都城、スパークス。11人未満で戦ったエストレーラ宮崎FC、県1部リーグ首位の延岡市SCは敗れた。
 24日の準々決勝はシードチームが勝ち上がり、30日の準決勝は高校勢が消えて、31日の決勝は4年連続でホンダロックSCと宮崎産業経営大学の対戦になった。試合はロックが終始ゲームを支配し、2年連続7回目の優勝を決めた。
 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会は9月14日に開幕。ロックはレベルファイブスタジアムで、ニューウェーブ北九州(福岡)と対戦する。

【レポート】
予想外の快勝と惜敗(作成中) (PC版) (携帯版)

≪決勝≫
ホンダロックSC 3 - 0 宮崎産業経営大学
 (前半2-0、後半1-0)

≪準決勝≫
ホンダロックSC 7 - 0 日章学園高校
 (前半2-0、後半5-0)
宮崎産業経営大学 3 - 1 鵬翔高校
 (前半0-0、後半3-1)
 
≪準々決勝≫
ホンダロックSC 4 - 0 都城工業高校
 (前半2-0、後半2-0)
日章学園高校 7 - 2 JURI SC
 (前半6-1、後半1-1)
鵬翔高校 4 - 3 ディナモ都城
 (前半2-2、後半2-1)
宮崎産業経営大学 4 - 3 スパークス
 (前半1-1、後半3-2)

≪2回戦≫
都城工業高校 4 - 1 宮崎西高校
 (前半2-1、後半2-0)
JURI SC 3 - 2 エストレーラ宮崎FC
 (前半1-2、後半2-0)
ディナモ都城 5 - 0 小林SC
 (前半3-0、後半2-0)
スパークス 1 - 0 延岡市SC
 (前半0-0、後半1-0)

≪1回戦≫
都城工業高校 2 - 1 九州保健福祉大学
 (前半2-1、後半0-0)
エストレーラ宮崎FC 7 - 2 寺門健
 (前半4-0、後半3-2)
ディナモ都城 4 - 2 宮崎蹴球団ドリームス
 (前半1-0、後半3-2)
延岡市SC 3-3(PK4-3) MSU FC
 (前半1-0、後半2-3、PK4-3)

コメントを見る(1)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog