照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)



記事の内容
*前へ | 次へ#

上村さんが今度はIFBA世界ストロー級に挑戦
2010/04/21 00:04

 宮崎県出身の女子プロボクサーで、東京の山木ジムに所属する上村里子が、5月1日に韓国で再び世界王座に挑戦することになった。
 上村さんが挑戦するのは、日本未公認のIFBA(国際ボクサー協会)のストロー級(46.266kg)。相手は韓国のパク・ジヒョン(24歳、12勝(2KO)2敗)で、会場はアサン市のアサン体育館となっている。上村さんは35歳で、戦績は6勝12敗。1月29日に韓国でミニフライ級(47.627kg)に挑戦して、判定で敗れた。ということは、階級を下げての連続挑戦ということになる。
 前回の試合も決定までの過程が「?」だったけど、今回も「??」となってしまう。30代半ばになって、過去にも経験したことがない階級まで落として、しかもそれが世界挑戦なんて常識的にありえないだろう……。しかし、決まった以上は最善を尽くして、ベルトを巻いてほしいと思う。
 ちなみに、自分が読んでいる女子ボクシングの漫画『ライス・ショルダー』が韓国でまだ試合中だ。通訳が一番面白い。

≪IFBAストロー級タイトルマッチ10回戦≫
パク・ジヒョン(Ji Hyun Park・韓国・王者) vs 上村里子(Satoko Kamimura・山木・挑戦者)

【参照サイト】
上村里子を応援するブログクイーン・オブ・ザ・リングIFBA


コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ