照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

宮崎県サッカーリーグ

   日程・結果(1部2部3部)
   順位表・個人ランキング
   (1部2部3部)
   変更・出場停止等の案内
   ※携帯版はこちら

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青島太平洋マラソンにエントリーしました
 12月13日に、宮崎県を代表する市民マラソンの大会『第23回国際青島太平洋マラソン大会』が行われます。シルバーウィーク明けの昨日、参加料の5000円を郵便局で払い込んで、大会にエントリーしました。種目はもちろん、フルマラソン。42.195kmに初めて挑みます。
 大学を卒業してから10年以上、自分は走ることと無縁でした。マラソンを毎年走っているバンや、ウルトラマラソンに挑戦し続ける大学の友人が身近にいても、「よう、やるわ」と感心するだけでした。しかし昨年、バンを応援するために市民マラソンを初めて観たとき、老若男女さまざまの大勢の人たちが走る姿を見て、「自分にもできるんじゃないか」と思ったのです。バンに相談してみたら「協力するから」と積極的に勧められ、そして年賀状に“フルマラソンに挑戦します”と書いてしまったことで、引っ込みがつかなくなってしまいました。
 準備は3月に始めました。最初は1kmすらノンストップで走ることができず、なんとか3km走ってみたら、翌日は下半身が酷い筋肉痛に襲われてしまいました。しかし、7ヶ月間で500kmを走ったことにより、今では10kmを55分で走れるようになりました。体重は7kg減って、59kgまで絞れています。まだ本番の4分の1の距離しか経験していないため、不安は大きいのですが、それなりの手応えは感じています。
 “試合が決まった”ことに、今は緊張を感じています。果たして、走れる状態でスタートラインに立つことはできるのか? 完走することはできるのか? 雨が降ったらどうしよう? 不安はたくさんありますが、お金をもう払ってしまった以上、できる限りのことをやって臨みたいと思います。

 ちなみに、5000円はバンが出してくれました。さすが、来月から“しゃちょさん!”になる男は太っ腹であります。その腹、絞っとけよ。
スポンサーサイト
250kmマラソンを完走した友人
 さくら道国際ネイチャーランに出場した大学時代からの友人が、名古屋市の名古屋城から金沢市の兼六園までの250kmを、31時間16分で完走した。自身のブログで、その友人がスタートからゴールまでを記した記事が面白かったので、紹介したい。

ウルトラマラソンへの道

 250kmというのは、九州に例えると、水俣市から鹿児島市を経由して宮崎市までの距離になる。車でも遠いと感じるし、人間の脚だけで走るにしては途方もない距離だ(NHKの『タイムスクープハンター』で飛脚が、加賀から江戸まで4日で走っていたな)。フルマラソンの6倍もある。高低差もかなりのものだろうし、昼と夜では気温もだいぶ変わるだろうから、距離以上に条件は厳しいのではないのだろうか。自分は絶対無理!
 大学のときから運動好きで、オーストラリアに運動するために行ったとか聞いたときは「オイオイ」と思ったけど、スパルタスロン(アテネからスパルタまでの245kmを走るレース)に出場して、しかも完走したと聞いたときは度肝を抜かれた。というか、そんなクレイジーなレースが世の中にあるんかと。2、3年前に大阪に行ったとき、新聞記事の切り抜きを見せてもらいながら、100kmや250kmを走るウルトラマラソンの話を聞いたときは、感嘆しまくってたような……。
 最後に、記事を見た感想を。ケーキブッフェ、行きすぎや。自分もケーキ大好きだけど。
市民ランナー・野辺君が走った新コースの青太
 2008年の12月14日に行われた、国際青島太平洋マラソン。この第22回から青太は市街地を走るコースに変わり、知事のPR効果もあって、参加するランナーや沿道で応援する人がより多くなった。10年連続で参加し、すべてを完走している市民ランナーの野辺君に、新コースの感想などを聞いてみた。

【2年前の記事】
秋季限定ランナー・野辺君の青島太平洋マラソン (PC版) (携帯版)
野辺君
[READ MORE...]
秋季限定ランナー・野辺君の青島太平洋マラソン
 照屋の悪友・野辺博隆君(通称:バン)が今年も青島太平洋マラソンを走った。野辺君は毎年出走し、5時間台のタイムでいつも完走している。今年の記録は5時間21分5秒、順位は30代男子(完走者711人)で707位だった。12月16日、野辺君に今年のエピソードや走る理由などを語ってもらった。
バン

[READ MORE...]
九州一周駅伝が宮崎入り
 第55回西日本各県対抗九州一周駅伝競走大会は6日目の8日に宮崎に入り、翌日は宮崎市から延岡市のコースで争われた。自分は時間を見つけて、2日ともレースを観に行った。

【関連記事】
九州一周駅伝の結果 (PC版) (携帯版)
6日目首位の福岡 2位の宮崎・榎木
[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。