照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

宮崎県サッカーリーグ

   日程・結果(1部2部3部)
   順位表・個人ランキング
   (1部2部3部)
   変更・出場停止等の案内
   ※携帯版はこちら

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本フライ級王座戦を振り返る (2)
 6月24日に新宿FACEであった女子ボクシングの日本フライ級タイトルマッチを振り返る――の第2回。7月5日の夜、上村さんに調整や試合のことなどを語ってもらった。話は女子ボクシングの統一ライセンスにも及んだ。
上村さん

 
3日前に風邪

――自分が会ったとき(5月31日)は調子が良かったですけど、あれからは?

 試合前に風邪をひいてしまって。水曜から喉が痛いと思ったら、ドド……っと壊れてしまいました。今回は減量がなかったので練習内容は豊富にやれたんですけど、疲れが来てしまいました。いつもは試合の2週間前に風邪をひいて、試合前に治るんですよ。今回は満足してたとこに落とし穴がありました。結果論ですけど。

――体重は?

 49.3kg。軽いです。

――フライ級のリミットが50.8kgだから、だいぶ軽いですよ。

 風邪の影響ですね。50ぐらいまでギリギリ持っていったら、風邪の影響で予想以上に落ちてしまって。でも、相手も軽かったんですよ。50.1から3ぐらい。


クリーンヒットがなかった

――試合当日は?

 熱はなくて、鼻水だけでした。気にしないようにしてました。

――作戦は?

 内容は出してはいたけど、当たっていなかったですね。手数とかコンビネーションとか……左を出して、返しての右とか、内容的には出していました。当たってはいたけど、判定の決め手にはならなかったです。

――立ち上がりは?

 前半はいいと思いました。3Rでいけるかなという場面があったんですけど、追い詰めるときの甘さがあって、仕留めきれなかった。相手の上手さもありました。普通の選手なら、仕留めることができたはずです。

――8Rの判定負けでした。

 8Rあるんで、ロングなら負けると思ってました。長々といくと、判定負けになっちゃうので。でも、凌がれてしまいました。これも相手の上手さですね。

――相手のリーチは? 映像を見ましたけど、背が高かったですね。

 パンチの強さよりもストレート、ジャブで止められるんですよ。動きを止めてくる。

――パンチを出すところを?

 そう。ストレートを出そうとしたところで止められます。懐があるんで、中盤にボディーに行ったりしたけど届かなくて。中に入ってからのサイドのボディーに切り換えたりしました。湯場さんが「いろいろ試して」と言ってるのが聞こえたんで。打ってるような感じなんですけど、急所に当たっていないというか…。

――クリーンヒットがない?

 そう。相手が大きいので、打たれた後のガードの甘さがダメージポイントになったかも。手数は出してたから、当たっていたら勝ってたはずです。正確なボクシングをすれば、勝機はありました。パンチも見えていたし。ただ、相手はでかいし、固いから、肩とか肘とか当たって顔が痛くなりましたね。

――ポイントは?

 3-0です。1ポイント差とか2ポイント差とか。それでも、ストレート負けですから。手応えはあったんですけどね。右フックでグラッと来たんで、そこで倒せなかったのが…。


皆さんに救われてます

――(元UMKの)池田さんには会いました?

 会いました。報道の方は民放2局が来てくれたんですけど、凄く巻き込んでしまって申し訳なかったです。私は負けて帰ってきたんですけど、皆さんが一生懸命に闘いを伝えようとしてくれたから、「また頑張ってください」という言葉を受けることができました。おかげで、次またやろうという気持ちになれましたよ。報道の方々に救われました。私の残念会をしたんですけど、凄い集まりでしたよ。

――どういう集まりで?

 私たち、民放2局の関係者、バンタム級王者の藤本さん。

――7月1日に有明でロシア人ボクサーとスパーリングしましたよね。

 試合前なのに呑んだくれてました。岡山の選手もわざわざ来てくれて。残念だったんですけど、皆さんに救われてます。5戦しての2勝3敗と違って、11戦しての5勝6敗は「うわ、苦しい…」と思うんですよ。試合が少なくて負け越してるのは何とかなりますけど、試合が多くて負け越してるのは…。「これでいいのか?」と、自問自答に駆られます。

――でも、上村さんの相手は強い人ばかりですから。

 強い人やネームヴァリューのある人とやるほうが面白いですよ。フライ級に今回挑戦してみて、「今後もいいかな」と。今は重たくないんで、どこの階級でもやれれば。リングに上がることができればいいかなと。今回は湯場さんがセコンドについてくれたんですけど、「おお~、湯場だ!」というのはありましたね。「あの湯場さんですか?」と聞かれましたから。オーラが出てたし、お客さんの目を釘付けにしていました。


こんな問題で悩むとは…

――身体のほうは?

 ちょこちょこは痛いです。でも、今日もスパーリングやってたぐらいですし。大きい怪我はないです。打撲ぐらいなので、またいつでも試合できます。

――女子ボクシングは統一ライセンスに向けて動いています。上村さんにとっては大きな問題ですけど…。

 10月に何かあるみたいですけど、どうなるかまったくわかりません。私がJBC(日本ボクシングコミッション)に加盟しているジムの選手なら情報が入ってくるんでしょうけど、入ってこないんで。今の協会の対応を見るしかないです。今の協会としては「今後も頑張ってほしい」と言ってくれますけど、女子をJBCがやることになれば、私は所属がないんでアウトかなと…。難しいです。

――たしかに難しいですよね…。

 次の人生じゃないですけど、考えておかないと。ボクシングをしたいと言っても、する場所がなければおしまいですから。こんな問題で悩むとは思わなかったです。


あとがき

 タイトルマッチの敗因は、まずは試合直前に体調を崩したこと。そして、パンチの精度と威力を欠いたこと。王者の上手さにしてやられたことも大きい。雑誌によると、王者は上村さんの攻めに対処していたらしい。チャンスはあっただけに、ただただ残念だ。上村さんも悔しそうだった。でも、自分が会ったときは元気でもあった。
 女子ボクシングの統一ライセンスについては、JBCが『女子プロボクシング検討委員会』の設置を決めたところまで進んでいる。10月のプロテストを目指しているらしい。この問題がなぜ、上村さんにとっては深刻なのか? それは、上村さんがJBC加盟のジムと関係が無いから。JBCのライセンスは、JBC加盟のジムに所属していないと取れない。上村さんはフィットネスクラブ所属で、実質的にはフリー。今のままではプロテストは受験できそうにない。
 今いる女子ボクサーの多くはJBCに加盟しているジムの選手、もしくはJWBC(日本女子ボクシング協会)主管の山木ジムの選手らしい。JBC加盟ジムの選手は何の問題もない。山木ジムの選手も何らかの処置がありそうな気がする。この統一ライセンス問題によって、ボクサーの道を断たれそうなのはそれ以外の選手。他の格闘技と掛け持ちでやっている選手もアウトだろう。しかし、彼女たちは何を取るか選択できる。上村さんは違う。ボクシングしかない。しかも、今いるボクサーの中では上のレベルの選手だ。そんな彼女が、制度が変わるだけでボクシングを失うことはあってはならない。
 上村さんはこういう話もしてくれた。「宮崎で湯場さんと一緒に試合ができたらいいんですけどね」。JBCが女子を認可すれば、男女が同じリングに上がれるようになるからだ。これが実現したら、ほんとうれしい。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/1031-16e44dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。