照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

宮崎県サッカーリーグ

   日程・結果(1部2部3部)
   順位表・個人ランキング
   (1部2部3部)
   変更・出場停止等の案内
   ※携帯版はこちら

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎のトライアスリート・林真一さん
 女子プロボクサー・上村里子(フィオーレ)のトレーナーである林真一さんは、宮崎を代表するトライアスリートでもある。8月23日、林さんに4月に出場した全日本トライアスロン宮古島大会を振り返ってもらった。

【関連記事】
全日本トライアスロン宮古島大会の結果(宮崎限定) (PC版) (携帯版)
林トレーナーに聞く世界戦&宮古島 (PC版) (携帯版)
 
宮古島大会

――もう4ヶ月経ちますが、4月22日に行われた第23回全日本トライアスロン宮古島大会の話をお願いします。

 昨年が42位だったんですよ。

――昨年はスイム(3km)が57分51秒、バイク(155km)が4時間51分58秒、ラン(42.195km)が3時間27分45秒で、トータル9時間17分34秒という記録でした。

 それがマグレだったのか、実力だったのかを確かめたい思いが強かったです。自分のなかでは、30位が目標でした。

――昨年のレース後は「30位以内と9時間を切るのが目標」と言ってましたね。

 そうですね。ただ、意気込みが強すぎて、前日は2時間しか眠れなかったんです。

――それはきついですね…。

 2時間のレースなら影響はないんですけど、長いレースなので「しまった!」と思いながら朝を迎えてしまいました。

――スタートは何時なんですか?

 7時半です。今回のようなことは珍しいです。不安を持ったままスタートしました。

――まずは3kmのスイム。

 スイムの上がり方が最初のポイントと考えていました。50分ならいいなと。52分だったので、「まあまあ」と思いました。

――記録は52分42秒で、昨年よりも5分縮まってますね。

 そこで落ち着いて、次はバイク。新車だったんで、どのくらいの実力か楽しみでした。自分のなかでは、タイムが出てもいいなと思ってました。

――記録は4時間47分9秒で、昨年より5分近く縮まってます。

 納得してない部分がありますね。ここに、9時間を切れなかった原因の1つがあります。もう1つは、バイクのときに曇りで涼しかったんですよ。ボトル1本分の水分しか摂らなかった。2、3本が普通なんですけど。それで、ランに入って脱水症になってしまったんです。

――どういう症状が?

 左脚の太ももが痙攣して、途中で右脚にも来て。ハーフの折り返しまでは止まらないようにして、折り返したときはペースダウン。気づかなかったですね、脱水に。折り返しから2kmの地点にスペシャルドリンクを置いてたんで、十分に水分を摂ったら、10分後くらいに元気になったんですよ。

――人間の身体って面白いですよねぇ。

 そこからまくったけど、9時間は切れませんでした。

――ランが昨年より1分早い3時間26分45秒で、トータルは9時間6分36秒。順位は41位でした。

 3種目とも少しずつ縮めはしたんですけど。悔いが残るのはバイクの過ごし方。そこを上手くいけば、ランは3時間15分ぐらいだったと思います。来年、リベンジしたいですね。30秒前を走ってた人が年代別の3位だったんですよ。表彰台を逃してしまいました。来年はそこまで欲を持ってやりたい。


夢は世界大会

――アイアンマン・レースは補給が重要そうですね。

 9時間、10時間とかかるから、食べ物も補給しないといけません。そして、それに慣れている身体にしないといけません。最初のうちは『おにぎり』。持ってる選手は少ないですけど。高カロリーの糖分ゼリーなんかがメインです。

――トライアスロンって、自分自身を管理しながら競技するスポーツなんですね。これが面白さなのかなと思います。

 そうですね。精神力がいりますけど、身体が動かなくなるとダメなんで。

――林さんの今後は?

 来年は『アイアンマン・ワールド・チャンピオンシップ・ハワイ』のカテゴリーが取りたい。そのためにも、宮古島で調子のバロメーターを計りたい。宮崎で初めてカテゴリーを取って、世界大会に行く――これが夢です。


あとがき

 林さんが出場を目指す『アイアンマン・ワールド・チャンピオンシップ・ハワイ』はアイアンマン・レースの世界選手権。毎年10月にハワイのコナ島で開催される。出場権を得た選手(1800人?)だけがエントリーできる(年代別のカテゴリーがある?)。林さんによると、出場権を得るため、海外の選手が日本のレースに出場することもあるらしい。
 今年の宮古島大会では10人の県内選手が完走した。競技人口は少しずつ増えており、林さんの後に続く選手も育ってきているようだ。県内で開催される大会は『シーガイア・トライアスロン』のみ。林さんに「大会が増えれば普及につながるのでは」と聞いたら、「ボランティアが大変だから難しいと思います」という答えが返ってきた。
 トライアスロンは40代や50代のの選手も多い。マラソン未経験の自分でも今から始められる? 林さんに聞いたら、「結果が出るのは5年後ですね」と言われた。お金もけっこうかかるらしい。自分の場合、スイムがネックになりそうだ(1km以上を泳いだことがない)。ラン→バイク→ランの“デュアスロン”がまだ良さそう。
 林さんは40歳を過ぎていながら、記録が伸び続けている。これは凄いことだと思う。これからもチャレンジし続けて、世界大会への夢をつかんでほしい。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/1102-1e099e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。