照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱の特撮系サポーター・レイさん (5)
 エストレーラ宮崎FCサポーター・レイさんのインタビュー。第5回はサン宮崎FCが宮崎県リーグを戦った2006年シーズン。この年もやはり苦難の連続で、開幕時に抱いていた期待や野望は消え去ってしまった。しかし、ここで学んだことが翌年の躍進につながっていく。
 
≪これまで≫ (PC版) (携帯版)

選手が集まらない

――2006年に入ってからは?

 キャンプシーズンに秋山や坂上さんに会って話をしてみると、選手を揃えるのに苦労しているのが伝わった。そんなある日、出水口公園に練習に行った。そこで初めて、照ちゃんを意識したよ。

――そうっすか(苦笑)

 練習に人はいたけれど、内海(佳紀)とか田籠とかから「チームを離れる」と聞いた。県リーグまでに人数が集まるのかと不安に思ったよ。でも、シーガイアで宮崎工業との練習試合があったとき、人数が揃っていたから一安心した。そして、試合を見たら内容で圧倒していたので、「あれ? いけるんじゃない?」と思った。

――自分もそう思いましたね。開幕まで時間はなかったけど練習を重ねていたし、テレビの取材も来ていたから、気持ちも高まってました。

 宮崎工業での試合は特に、下山(洋平)のブルース・リーみたいなボレーが印象的だったよ。そして、県リーグが開幕した。


県リーグの洗礼

――会場は北郷町の大藤河川公園でしたけど…。

 グラウンドにカルチャーショックを受けた。

――田んぼでしたよ。あんなに酷いグラウンドは初めてでした。「本当にここでサッカーやるの?」と思いましたよ。晴れなら大丈夫でしょうけど、雨が降ったらダメですね、あそこは。

 県リーグの1部、2部、3部とたくさんのチームが来ているのに、サポーターと呼べるのは僕1人だったね。

――さて、いよいよキックオフ。

 キックオフを迎えられる高揚感とともに、一抹の不安があった。というのも、宮崎工業とのTMでスルーパスがやたらと効果的だったんだよ。ところが、このピッチではスルーが完全に封じられた。

――会場を見て、武器であるパスと個人技が使えないのがわかりました…。

 雨水の中での試合だからね。そして、前半に先制を許し、後半は日向太陽SCの中原(丈聖、現:延岡市SC)にミドルシュートを決められ失点。ウチは1点入れたと思ったら、オフサイド。0-2で負けてしまった。すんげー後味が悪かったよ。帰りの車のなかで、照ちゃんと2人で見えない何かに向かって怒りをぶつけ合ったね。

――まあ、あれはほんと酷かったんで。絶対勝つつもりで行っただけに、胸くそ悪かったですよ。

 次は綾町の錦原運動公園、相手は西諸ドリームスSC。西諸は降格が決まっていたから無効試合だったけど、テンションそのままで応援した。ピッチは前回と比べると、天国だったよ(苦笑) 試合は4-0で勝った。途中から柳真人が入って前のほうでプレーしてたんだけど、出されるスルーパスに見事に反応して相手DFを引き裂いていたから、感動したよ。「今年のウチにハズレはいない」と思った。


相棒・ケンちゃんが合流

――開幕の時点で、前の年より選手の質はいいんじゃないかと思ったんですけどね。

 6月に宮崎県庁SCと試合をやったとき、僕は福岡にいた。天神バスセンターから携帯で「どうなってるの?」と聞いたら、「1点リードされてる」と。耳を疑った。その後、有木(済喜、現:MSU FC)のヘッドで追いついたけど、引き分け。

――この時点で自力優勝がなくなってしまいました。みんな、呆然としてましたよ。

 「何でもいいから、力が欲しい」と思った。そして、福岡から宮崎に帰るバスの中で、ケンちゃんに連絡を取った。「ケンちゃんの力が必要だ。是非、サポーターとして加わってほしい」と。それまで、彼が見た試合はプロフェが吉備国際大学にVゴール勝ちしたり、ロックが横河と引き分けたり。彼が見ると、宮崎のチームは負けないというジンクスがあった。ケンちゃんとはラジオ番組のリスナー仲間で、、付き合いも古い。彼の勤務先に僕が尋ねて行ったのが最初で、それから飲み友達になった。7月のディナモ都城戦が初合流だった。

――会場は日向市の大王谷運動公園。自分はJFLで行けませんでした。

 試合は前半から圧倒した。開始早々に得点して、ゴールがいろいろ決まって、終わってみれば4-0。これで蘇ったと思った。


失速のリーグ後半戦

――サン宮崎FCは県リーグしか公式戦がなかったので、次は2ヶ月後。楽蹴クラブとの試合でした。

 MRTの取材で、元0930のオダマちゃんがレポーターとして来てくれて、試合途中に合流して応援してくれた。試合は圧勝。下山の先制点……だったよね?! そして、秋山のPKで前半を折り返し、終わってみれば6-1。一番良かった時期だね。みんないい働きをしてくれたし、鷹巣や桑本たちが加入してね。

――雰囲気が良くなったし、期待するしかなかったですね。

 でも、次のサザンクロスFC戦が台風で流れて、嫌な予感がしたんだよ。そして、10月末の綾SC戦。ケンちゃんと一緒に行ったけど、会場(田野運動公園)まで道がわかりづらかった。で、着いたら、肝心な人がいないから気になった。

――高橋が試合開始直前になって、やっと来たんですよね…。あれはほんと焦りましたよ。

 やっと来てくれたときは、ホッとしたよ。綾の選手たちは、どことやっても同じなのかもしれないけど、サン宮に対して対抗心を剥き出しにしてきた。試合はサン宮が押され気味だった。そして、綾のFWが言ったひとことにカチンと来た。「ディフェンス、楽に抜けるよ」と。僕にしてみれば、信頼していた4バックをコケにされて悔しかった。試合は堀田(裕幸)と周平のゴールで健闘したけど、3-5で敗退。優勝がなくなってしまった。

――あの試合はなぁ…。もう、思い出したくもないです。

 僕も意気消沈したよ。何よりも試合が終わって、他の選手と離れた場所で着替えている秋山を見て、声を掛けることができなかった。

――秋山監督はいろんな苦悩を抱えてましたね、あの頃は。

 それから何日かして、ケンちゃんから話してくれた。

――そっか。ケンちゃん伝説が終わったんですね…。

 「レイさんが本当に意気消沈してたんで…」と。あの試合が終わって家に着いてからも、鬱病みたいに何もできなかったよ。綾に負けた悔しさもあるけど、元サン宮の新保(智之)に負けた気がしてならなかった。ウチにいた選手がいるチームに負けるのは悔しいよ。

――そして、11月のサザンクロスFC戦。

 この前あたりから、スポンサーの『サロン・ド・フジエ』さんに通うようになってね。それまでは系列店の『フリーランス・グラマー』で切ってた。マネージャーの藤江さんと最初会ったときに握手して、「サポーターをやってるレイと申します」と挨拶して。オーラを感じたなぁ。お店も凄く雰囲気が良くて。そんな店にいかつい男が行って、みんな笑顔で迎えてくれるのが素晴らしいと思った。

――この試合はスポンサーのサンクスマッチでしたね。結果は0-0でしたけど。

 優勝こそなくなったけど、この選手たちが定着してくれればチームは良くなるという期待は持っていた。若い選手が多かったしね。

――そして、最終節。延岡市SCとの試合。

 秋山が出場停止で出られないし、堀田もいない。試合は右から左から崩されて、手も足も出なかった。

――4バックに3ボランチという、超守備的な布陣でした。こういうシステムを使わざるをえなかったというのがね…。応援のほうはどうでした?

 僕たちにできることは、それしかないから。結果にこだわらず、懸命に戦ってくれた選手を拍手と握手で迎えようと話していたから。

――閉会式が終わった後、会場に残ってミーティングをしましたね。

 秋山が選手を集めて、「残ってほしいと思ってる」と言ったのには同感だった。なぜかと言うと、他所のチームは選手が定着できているけど、これまでのサン宮は選手が毎年入れ替わるチームだったから。彼らは来年、もっといい選手になってくれるという期待もあったしね。練習もよく見学に行ったけど、人数が少ないのは心が痛かった。

――忘年会もね…。

 選手は3人だけだったね。この日は、FC岐阜の試合(JFL入替戦)があったじゃない。あのときはFC岐阜を応援したけど、FC岐阜のサポーターがアウェーで盛り上がってるのを見て、物凄くうらやましかったよ。岐阜といえば昔、JFLに西濃運輸がいた。それが撤退して、FC岐阜が入替戦に来るまでの経緯をサポーターから聞いたんだよ。ほんと、うらやましかった。

≪つづく≫ (PC版) (携帯版)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/1136-8ae414ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。