照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

MSU vs KAGOSHIMA
 第39回九州サッカーリーグの第7節が5月22日にあり、MSU F.Cは錦原運動公園サッカー場でFC KAGOSHIMAと対戦した。MSUにとっては、3回目のホーム戦だった。
 MSUは前節のアウェー、川副クラブ戦で90分での初勝利を挙げたばかり。そのときと同じ先発メンバーで臨んだ。システムは4-4-2で、前ホンダロックSCの浅田はセンターバックでの起用だった。
 対するFC KAGOSHIMAは、昇格1年目ながら、優勝争いを演じている。メンバーは、MSUが九州リーグに昇格したときの選手や、宮崎産業経営大学の出身者が多い。MSUは上位相手だと大敗するケースが多いだけに、厳しい戦いになることが予想された。

 しかし、先制したのはMSU。前半6分、中盤で相手のボールを奪い、左サイドバック・水永の上がりを待って園田がパス。水永が空いた左サイドをドリブルで上がり、ゴール前に低めのクロスを入れる。KAGOSHIMAは人数をかけてゴール前を守っていたものの、ファーサイドの上田がフリーでボールを受ける。キーパーの飛び出しを見ながら、上田がシュート。相手守備を崩しての、鮮やかなゴールだった。ベンチも大盛り上がりで、チーム全体のムードが上がる。
 この後すぐに失点するのがいつものMSU……なのだけど、MSU守備陣が耐えしのぐ。シュートを打たれる場面が続くものの、ポストに助けられたり、相手が外したりしている。
 前半31分、コーナーキックから失点(記録はオウンゴール)。同点にされた。MSUベンチからは「顔上げろ」、「切り替えろ」という声が飛ぶ。32分、相手ゴールキックを弾いて、これに合わせて園田が飛び出し、キーパーとの1vs1になり……かけたけど、ボールコントロールが甘くなって、シュートは未遂に終わる。38分、有川がイエローをもらって、ペナルティーエリア前のフリーキックを与えてしまう。これは相手が外した。39分のピンチは、園田がサイド後方まで戻って守りきる。
 この日は暑かった。湿度が高いうえに、太陽が出ると強烈な日差しを浴びせてくる。選手がきつそうに見える。
 前半は1-1で終了。シュート数はMSUが3本、KAGOSHIMAが10本。MSUが劣勢ながら、早々に守備が崩れていたこれまでの試合とは違っていた。

 MSUが選手2名を交代して、後半がスタート。7分にMSUが久しぶりのシュートを放つ。12分にはカウンターを浴びせた。しかし15分、元サガン鳥栖の谷口にフリーでボレーシュートを決められ、逆転を許してしまう。
 後半に入って、上下の動きが激しくなり、両チームの選手にとってタフな展開になった。暑さは変わらずで、体力の消耗はより激しくなっているはず。MSUの相手に対するチェックが甘くなってきた。19分、ゴール前にボールを入れられ、ダッシュで浸入してきた選手に合わせられた。24分、コーナーキックから混戦になり、3点目を押し込まれてしまう。
 しかし、まだ2点差。ゲームが決まったようには見えない。MSUが1点取れば、1点差になる。26分、右サイドの空いたスペースで大羽がキープし、クロスを入れる。ゴール正面の藤本には合わなかったものの、ファーサイドの上田はフリー。絶好機だ。しかし、シュートは上に逸れていった。29分、浅田にイエロー。MSU側の席では、子供たちが「がんばれー!」と応援している。34分、KAGOSHIMAのフリーキックを頭で合わされて、4失点目。これで勝負が決まった。3分後には5点目を奪われた。
 こうなったら、1点でも取り返したい。40分、MSUのシュートチャンスが生まれるも、すぐに打たないから相手が戻ってしまい、未遂に終わる。41分、低いクロスに頭で合わされて6失点目。
 ロスタイムは3分。試合が止まると、MSUの選手は両膝に手を乗せて苦しそうだ。チャンスを何度か作ったものの、得点まであと一歩が足りなかった。試合は1-6で終了した。

 スコアだけ見れば大敗だけど、内容はそれほどでもなかった。勝負が決まったのは、残り10分になってから。KAGOSHIMAにとっては思い通りに運べたゲームではなく、ピッチ上の選手たちは間違いなく苦しんでいた。
 MSUの課題は、守備と選手層の2点。守備については、セットプレーで3点は取られすぎ。あと、これまでの試合でもそうだけど、ゴール前で人数をかけて守っているのに失点するケースが目に付く(今回だと3点目と5点目)。選手の交代が2名だけというのも問題。今回みたいなタフな試合でこそ、4人の枠を使いきりたいはず。それができなかった。
 負けはしたものの、チームとしての成長を感じさせた試合ではあった。順位は9位に後退してしまったけど、次は宮崎集中開催で、相手は残留争いをしているチーム。できれば連勝して、中位で折り返したい。
MSUイレブン 先制直後
競り合い FCの攻め
上田 原田
FCのFK 水永
MSUのFK 山本のドリブル
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2305-31857489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)