照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39回Kyuリーグ、宮崎集中開催の結果
 第39回九州サッカーリーグは前期の締めくくり――宮崎集中開催が6月4日と5日に、西都市の清水台総合公園多目的広場で行われた。
 1日目。MSU F.Cは三菱重工長崎と対戦した。しかし、前半30分に退場者を出した直後に2失点。これ以後は攻撃に精彩を欠き、さらに後半に1点を失って0-3で敗れた。残留争いをしている3チームは、そろって勝ち点3の上積みに成功。MSUは厳しい状況に追い込まれた。
 FC KAGOSHIMAとヴォルカ鹿児島の初対決は注目を浴び、多数の鹿児島メディアやファンが訪れた。両チームとも気持ちのこもったプレーを見せたものの、守備陣が要所でミスしたヴォルカが3失点。フリーキックで一矢報いたものの、FC KAGOSHIMAが3-1で勝利した。ヴォルカはこれで、優勝争いから後退した。試合後は両チームの選手、サポーターともに明暗がはっきりしていた。
 2日目は雨となり、ピッチはかなり水を含んだ状態となった(競馬なら“不良馬場”)。MSUは九州INAXと対戦した。前半に先制したものの、徐々に押し込まれるようになり、後半に逆転を許す。得点の芽がないままロスタイムに突入し、万事休すと思われたものの、試合終了の笛がなくなる直前に追いつき、これまで無敗のPK戦で勝ち点2をもぎ取った。
 他の試合は荒れ模様の結果となった。FC KAGOSHIMAが三菱重工長崎を相手に苦戦し、PK戦も10人目までもつれる大接戦となった。前日に地獄を味わったヴォルカ鹿児島は、HOYO AC ELAN大分を1-0で撃破。試合後はサポーターと喜びを分かち合った。Kyuリーグで(90分以内で)初黒星のHOYOは、不良のピッチが悪く影響した。最下位の川副クラブは、大勝で初勝利を手にした。
 これで、Kyuリーグの前期が終了。昇格1年目のFC KAGOSHIMAが首位で折り返し、HOYOが勝ち点差1で追う。両チームは次節で対戦する。3位のヴォルカはなんとか踏みとどまった格好だ。4位の三菱重工長崎までが九州社会人選手権に出場する。4位から9位までは勝ち点4差の大混戦。残留争いはまだまだ先が見えない。
 次回は6月18日と19日の沖縄集中開催。MSUは1日目に九州総合と、2日目に新日鐵大分と対戦する。

【第8節】
九州INAX 3 - 0 川副クラブ
 (前半1-0、後半2-0)
三菱重工長崎 3 - 0 MSU F.C
 (前半2-0、後半1-0)
FC KAGOSHIMA 3 - 1 ヴォルカ鹿児島
 (前半1-0、後半2-1)
HOYO AC ELAN大分 1 - 0 新日鐵大分
 (前半1-0、後半0-0)
海邦銀行SC 2 - 1 九州総合スポーツカレッジ
 (前半1-0、後半1-1)

【第9節】
FC KAGOSHIMA 1-1(PK9-8) 三菱重工長崎
 (前半0-0、後半1-1、PK9-8)
川副クラブ 6 - 1 九州総合スポーツカレッジ
 (前半3-1、後半3-0)
新日鐵大分 2 - 0 海邦銀行SC
 (前半2-0、後半0-0)
ヴォルカ鹿児島 1 - 0 HOYO AC ELAN大分
 (前半0-0、後半1-0)
MSU F.C 2-2(PK5-3) 九州INAX
 (前半1-0、後半1-2、PK5-3)
 
【順位】
1位 FC KAGOSHIMA (7勝1PK勝1PK敗、勝ち点24、得失点差+22[30-8])
2位 HOYO AC ELAN大分 (7勝1PK勝1敗、勝ち点23、得失点差+17[24-7])
3位 ヴォルカ鹿児島 (6勝1PK勝2敗、勝ち点20、得失点差+13[20-7])
4位 三菱重工長崎 (2勝2PK勝3PK敗2敗、勝ち点13、得失点差-2[11-13])
5位 新日鐵大分 (3勝2PK敗4敗、勝ち点11、得失点差+5[25-20])
6位 九州INAX (2勝2PK勝1PK敗4敗、勝ち点11、得失点差-7[13-20])
7位 九州総合スポーツカレッジ (3勝1PK敗5敗、勝ち点10、得失点-1[18-19])
8位 海邦銀行SC (2勝1PK勝2PK敗4敗、勝ち点10、得失点差-2[11-13])
9位 MSU F.C (1勝3PK勝5敗、勝ち点9、得失点差-31[11-42])
10位 川副クラブ (1勝1PK敗7敗、勝ち点4、得失点差-14[12-26])

【参照サイト&日程】
九州サッカーリーグMSU F.C、日程(PC)(携帯)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2309-3b477970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。