照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

第15回宮崎県サッカー選手権の結果
 第15回宮崎県サッカー選手権大会が7月3日に開幕した。大会は8月28日の決勝まで、生目の杜運動公園で行われる。4年連続優勝のホンダロックSCはJFLシードを獲得したため、今大会には不参加。天皇杯出場を目指すチームにとってはチャンスとなった。
 初日は1回戦5試合。延岡市SCが宮崎産業経営大学FCを破って、県リーグ無敗の学生チームに一矢報いた。しかし、楽蹴クラブは高校生に完敗し、西都スパークスは大学リーグで全敗のチームに惜敗するなど、社会人チームは学生相手にやはり分が悪い。
 2回戦4試合は31日に行われた。KyuリーグのMSU F.Cが登場し、鵬翔高校と対戦したものの、2回もPKを取られたうえに、体力と集中力が切れて1-3で敗れ、昨年同様に高校生を相手に初戦で姿を消した。延岡市SCは最初は9人、途中から10人で戦ったものの、2-1で勝利。勝ったほうも、負けたほうも褒められたものではない。
 8月14日に準々決勝2試合があり、シード2チームが登場した。日章学園高校は、県リーグ2部の高鍋OFCを相手に大苦戦。PK戦で辛勝した。宮崎産業経営大学は延岡市SCを圧倒した。
 8月27日の準決勝は大学vs高校で、鵬翔高校と宮崎産業経営大学が勝ち上がり、28日の決勝は産経大が5年ぶり2回目の天皇杯出場を決めた。
 産経大は9月3日、生目で熊本教員蹴友団(熊本)と対戦。これを勝ち上がれば、10月10日の2回戦で浦和レッズと当たる。JFLシードのホンダロックSCは2回戦から登場し、8日に栃木SCと対戦する。
 
≪決勝≫
宮崎産業経営大学 2 - 0 鵬翔高校
 (前半1-0、後半1-0)

≪準決勝≫
鵬翔高校 5 - 1 九州保健福祉大学
 (前半2-0、後半3-1)
宮崎産業経営大学 3 - 0 日章学園高校
 (前半1-0、後半2-0)

≪準々決勝≫
日章学園高校 3-3(PK5-4) 高鍋OFC
 (前半1-1、後半2-2、PK5-4)
宮崎産業経営大学 8- 0 延岡市SC
 (前半1-0、後半7-0)

≪2回戦≫
九州保健福祉大学 1 - 0 都城工業高校
 (前半0-0、後半1-0)
鵬翔高校 3 - 1 MSU F.C
 (前半0-0、後半3-1)
高鍋OFC 4 - 1 山之口SC
 (前半-、後半-)
延岡市SC 2 - 1 宮崎工業高校
 (前半0-1、後半2-0)

≪1回戦≫
九州保健福祉大学 2 - 1 西都スパークス
 (前半1-0、後半1-1)
鵬翔高校 3 - 2 日向太陽SC1973
 (前半2-1、後半1-1)
高鍋OFC 5 - 2 ディナモ都城
 (前半1-0、後半4-2)
宮崎工業高校 5 - 0 楽蹴クラブ
 (前半3-0、後半2-0)
延岡市SC 3 - 2 宮崎産業経営大学FC
 (前半1-1、後半2-1)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2328-84a2d0f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)