照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回霧島賞の結果
 第15回霧島賞が8月24日、熊本県荒尾市の荒尾競馬場で行われた。
 サラブレッドのうち、九州で生産された競走馬(九州産馬)だけに限定されたレースのなかで大きいものは、2歳馬だと『ひまわり賞』(JRA小倉)、3歳馬だと『たんぽぽ賞』(荒尾)、そして3歳馬以上だと『霧島賞』がある。霧島賞は中央・地方による全国交流競走で、JRAは1000万下クラスまで、地方馬ならオープン馬でも参加できる(重賞だし)。
 コースは、右回りのダート1500m。今年はフルゲートの12頭が出走した(うち1頭が取り消し)。所属別だとJRAが6頭、荒尾が3頭、船橋と佐賀が1頭ずつ。産地別だと鹿児島が6頭、熊本が4頭、宮崎が1頭だった。
 勝ったのはJRA所属、鹿児島産のメモリアルイヤー。1番人気(1.9倍)に応えて、逃げ切った。初ダートだったものの、父がダートG1勝ちのゴールドアリュールだから、下地はあったと言える。2着は昨年優勝の船橋所属で鹿児島産のテイエムヨカドー。昨年の同レース以来勝ち星が無かったものの、南関東の牝馬限定重賞で4戦連続で掲示板を確保していたのだから、このメンバーでは力上位だったはずで、2番人気に支持されていた。
 唯一の宮崎産馬、キリシマウィング(JRA・4歳牝)は2番手でレースを進めたものの、5着だった。トライアルの大隈特別を勝っているだけに4番人気だったものの、期待に応えられなかった。勝ち星はすべて地方での条件交流だから、実力的に足りなかったのだと思う。都城市の土屋修孝氏生産で、父はノボジャック。父が出走していた『第1回とちぎマロニエカップ』を宇都宮まで観に行って、馬券を当てたことを思い出す(宇都宮と自分の相性は良かった。万馬券も取ったし)。あと、及川サトルが「ノ~ボ~ジャック!」と叫んだアメリカンな実況も。 27日には、JRA小倉でオープン特別の『ひまわり賞』(芝1200m)が開催される。1着賞金1600万円は、九州産馬限定レースの最高額だ。
 ちなみに、九州産の活躍馬といえば、自分なら第1回中央競馬招待(1974年・大井)を勝ったゴールドイーグルを挙げる。宮崎産だし、中央の重賞も勝ってる。

【参照サイト】
出馬表(NAR)レース成績表(NAR)霧島賞(荒尾競馬)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2351-e2cc4615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。