照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ひまわり賞(2011年)の結果
 九州産限定のサラブレッドによる2歳オープン競走『ひまわり賞』がJRA小倉競馬場で8月27日に行われた。条件は芝の右回り1200m。九州産2歳の一番大きなレースで、17頭が集まった。産地別だと鹿児島産が9頭、熊本産が5頭、宮崎産が3頭だった。
 勝ったのは、鹿児島産の単勝5番人気のミスマルシゲ。父はMr.Prospector系のケイムホームで、日本では今の2歳が初年度産駒となる。静内で繋養されているということは、ミスマルシゲは持込の九州産馬ということになる。同馬は8着→2着と来ての初勝利だった。鹿児島産馬は3位までを独占した。
 宮崎産馬の成績は以下の通り。生産者と父馬、母馬も併記した。どの馬も3戦目で、7着の馬は過去に6着が2回あり、他の2頭は二桁着順が続いている。2頭の父であるロドリゴデトリアーノはオークス馬のエリモエクセルを出したものの、近年はパッとせず、2008年から九州に移された。ローエングリンは中距離戦線で活躍したから、競馬ファンならご存知だろう。今の2歳が初年度産駒となる。

7着 キリシマキセキ(牡) 土屋牧場(都城市) 父:ロドリゴデトリアーノ、母:ギオンミスキセキ
14着 ネクストズキュン(牡) 吉野政敏(綾町) 父:ロドリゴデトリアーノ、母:バージンブルー
15着 スズノエヴァグリン(牝) 吉野政敏(綾町) 父:ローエングリン、母:マダムアフリート
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2352-1942e19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)