照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男佑が引退
 大相撲秋場所後の9月28日、日本相撲協会が引退する力士を発表。このなかに、郷土力士の男佑が含まれていた。
 男佑の本名は濱崎健太郎。都城市出身で、1981年2月11日生まれの30歳。二十山部屋の力士として、1996年春場所で初土俵を踏んだ。四股名は濱崎→浜天山→男佑と変わっている。2006年6月には師匠の二十山親方(元大関・北天佑)が死去したため、北の湖部屋に移籍。その後に付け人を務めていた白露山が解雇されるなど、辛いことも味わった。
 2007年の名古屋場所では、初めての幕下昇進を果たす。しかし、一場所で跳ね返されてしまう。2009年秋場所で2年ぶりに幕下に返り咲くものの、ここでも2勝どまりに終わってしまった。その後は三段目の中位に停滞してしまう。最後となった秋場所は5勝2敗で勝ち越し、七番相撲は寄り倒して有終の美を飾ることができた。自己最高位は幕下東56枚目。130kg前後の体格で、上手投げと寄り切りを得意としていた。
 男佑は現役を続けながら、通信制の高校で勉強していたそうだ。今年は、千代の花に魁慎鵬、そして男佑と3人の宮崎県出身力士が引退している。その一方で角界入りしたのはゼロ。現役の力士は14人になった。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2376-98f516f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。