照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州各県サッカーリーグ2011の結果
≪九州各県決勝出場チーム≫
MD長崎(長崎)、佐賀楠葉クラブ(佐賀)、九州三菱自動車(福岡)、耶馬溪FC(大分)、熊本教員蹴友団(熊本)、延岡市SC(宮崎)、Liberty.FC(鹿児島)沖縄市SC(沖縄)

【長崎】(7/3~12/18)
 最新の結果と順位を反映しているサイトが見つからなかったため、調べるのをあきらめた。わかったのは、最終順位だけ。

【佐賀】(6/5~12/11)
 佐賀は、昨年優勝の鶴城FCが出遅れて、優勝争いが大きく変わっている。5勝1分で首位だった佐賀楠葉クラブは、12月4日の試合で勝って、11日の2位・レアルフューチャーズFCとの直接対決を待たずに、優勝を決めた。最後の試合はレアルフューチャーズFCが2-1で勝利。1位から3位までの勝ち点差は1だった。

【福岡】(4/17~12/25)
 福岡は6チームの2回戦総当りリーグ。1試合を残して、九州三菱自動車が9戦全勝。優勝がすでに決まっている。最終戦の三宅クラブ戦は一度は延期されたものの、中止になった。

【大分】(7/3~12/11)
 大分は昨年より1チーム減の9チームによるリーグ戦だった。優勝争いはマッチレース。中津クラブと耶馬溪FCが6勝1分で並び、最後の直接対決で白黒をつけることになった。結果は、後半に2点を奪って突き放した耶馬渓FCが4-2で勝利。これにより、耶馬渓FCの優勝が決まった。

【熊本】(8/14~12/4)
 熊本はなんと、熊本教員蹴友団が早々に2敗していた。しかし、優勝争いはWell-B熊本と熊本教員蹴友団に絞られ、最終節の直接対決で雌雄を決することに。結果は熊教が3-0で勝利。勝ち点で並び、得失点差で大きく上回って、優勝を決めた。Well-B熊本は絶好のチャンスを逃してしまった。

【宮崎】(5/15~12/4)
 宮崎県は、今年も宮崎産業経営大学FCと延岡市SCの争いになり、決着は最後の直接対決までもつれた。結果は、延クラが2-1で勝ち、5年ぶりの優勝を決めた。産経大FCは天皇杯予選につづいて、同じ相手に敗れた。

【鹿児島】(6/19~12/4)
 図抜けた強さを誇ったFC KAGOSHIMAがいなくなり、無風状態になった鹿児島は、やはり混戦状態となっていた。最終戦を前にして、3チームに優勝の可能性があった。しかし、首位のLiberty.FCが勝ち、2位のA.T.CIELOを得失点差で振り切り、優勝を決めた。

【沖縄】(4/10~10/16)
 沖縄は、1位から4位までが勝ち点3差、1位と2位は得失点差で決まるという接戦になった。総失点がともに一桁で、ともに無敗だった沖縄市SCとFC那覇。最後の直接対決は1-1の引き分けに終わり、得失点差でわずかに上回った沖縄市SCが優勝した。昨年は海邦銀行SCとの入替戦まで進んだFC那覇は、連覇を逃した。
 
1部リーグ順位

【長崎】
1位 MD長崎 (8勝1分、勝ち点25)
2位 佐世保SC (6勝1分2敗、勝ち点19)
3位 大村航空基地SC (4勝1分4敗、勝ち点13)
4位 諫早クラブ (3勝3分3敗、勝ち点12)
5位 国見FC (3勝3分3敗、勝ち点12)
6位 時津クラブ (3勝3分3敗、勝ち点12)
7位 多良見ドランカーズ (3勝1分5敗、勝ち点10)
8位 富蹴FC (3勝1分5敗、勝ち点10)
9位 南島原 (2勝1分6敗、勝ち点7)
10位 FC KOOL大村 (2勝1分6敗、勝ち点7)

【佐賀】
1位 佐賀楠葉クラブ (6勝1分1敗、勝ち点19、得失点差+14[20-6])
2位 レアルフューチャーズFC (5勝3分、勝ち点18、得失点差+12[16-4])
3位 黄城クラブ (5勝3分、勝ち点18、得失点差+11[20-9])
4位 鶴城FC (3勝2分3敗、勝ち点11、得失点差0[9-9])
5位 唐津めづらSC (2勝3分3敗、勝ち点9、得失点差-1[11-12])
6位 SUMCO.V (2勝2分4敗、勝ち点8、得失点差-10[9-19])
7位 鹿島2.28 (2勝1分5敗、勝ち点7、得失点差-6[8-14])
8位 唐津蹴球クラブ (1勝3分4敗、勝ち点6、得失点差-5[6-11])
9位 日清倶楽部 (1勝7敗、勝ち点3、得失点差-15[6-21])

【福岡】
1位 九州三菱自動車 (9勝、勝ち点18、得失点差+31[40-9])
2位 三宅クラブ (5勝1分3敗、勝ち点11、得失点差+2[17-15])
3位 七隈トンビーズ (4勝1分5敗、勝ち点9、得失点差-6[14-20])
4位 スケアクロウズ (2勝3分5敗、勝ち点7、得失点差-7[16-23])
5位 光陽クラブ (3勝1分6敗、勝ち点7、得失点差-10[14-24])
6位 久留米アザレア (2勝2分6敗、勝ち点6、得失点差-10[10-20])

【大分】
1位 耶馬渓FC (7勝1分、勝ち点22、得失点差+27[31-4])
2位 中津クラブ (6勝1分1敗、勝ち点19、得失点差+32[44-12])
3位 NBU Braves (5勝3敗、勝ち点15、得失点差+9[22-13])
4位 Prevalere FC (4勝2分2敗、勝ち点14、得失点差0[15-15])
5位 FCインターミナミ (3勝1分4敗、勝ち点10、得失点差-8[20-28])
6位 ASボラーレ (3勝2分3敗、勝ち点11、得失点差-4[13-17])
7位 FC VALENTE (2勝1分5敗、勝ち点7、得失点差-2[16-18])
8位 本耶馬レッドリーブス (2勝6敗、勝ち点6、得失点差-21[15-36])
9位 別府クラブ (8敗、勝ち点0、得失点差-33[5-38])

【熊本】
1位 熊本教員蹴友団 (7勝2敗、勝ち点21、得失点差+35[46-11])
2位 Well-B熊本 (6勝1PK勝1PK敗1敗、勝ち点21、得失点差+11[19-8])
3位 シマズ自動車 (6勝3敗、勝ち点18、得失点差+11[27-16])
4位 FCK MARRY GOLD KUMAMOTO (3勝3PK勝3敗、勝ち点15、得失点差+1[15-14])
5位 益城ビッグウェーブ (4勝2PK敗3敗、勝ち点14、得失点差+2[24-22])
6位 スポーツの森大津クラブ (4勝2PK敗3敗、勝ち点14、得失点差-6[14-20])
7位 嘉島クラブ (4勝5敗、勝ち点12、得失点差-3[17-20])
8位 八代F (2勝1PK勝6敗、勝ち点8、得失点差-17[9-26])
9位 T-'92 (1勝1PK勝2PK敗5敗、勝ち点7、得失点差-15[11-26])
10位 Honda熊本 (1勝1PK勝7敗、勝ち点5、得失点差-19[6-25])

【宮崎】
1位 延岡市SC (7勝1分、勝ち点22、得失点差+23[29-6])
2位 宮崎産業経営大学FC (7勝1敗、勝ち点21、得失点差+40[49-9])
3位 西都スパークス (5勝3敗、勝ち点15、得失点差+26[41-15])
4位 児湯SC (5勝3敗、勝ち点15、得失点差-11[20-31])
5位 寺門健 (3勝1分4敗、勝ち点10、得失点差-2[23-25])
6位 ディナモ都城 (3勝1分4敗、勝ち点10、得失点差-5[22-27])
7位 日向太陽SC1973 (2勝1分5敗、勝ち点7、得失点差-6[15-21])
8位 楽蹴クラブ (1勝7敗、勝ち点3、得失点差-20[15-35])
9位 田野ウィングス (2分6敗、勝ち点2、得失点差-45[12-57])

【鹿児島】
1位 Liberty.FC (5勝1分1敗、勝ち点16、得失点差+15[23-8])
2位 A.T.CIELO (5勝1分1敗、勝ち点16、得失点差+6[11-5])
3位 鹿児島銀行FC (4勝3敗、勝ち点12、得失点差+6[17-11])
4位 指宿SC (3勝1分3敗、勝ち点10、得失点差+1[13-12])
5位 FC ZCOCK (3勝4敗、勝ち点9、得失点差-2[11-13])
6位 鹿児島教員足球隊 (3勝4敗、勝ち点9、得失点差-10[14-24])
7位 FCスワローズ (2勝1分4敗、勝ち点7、得失点差-2[12-14])
8位 FC志布志 (1勝6敗、勝ち点3、得失点差-15[7-23])

【沖縄】
1位 沖縄市SC (5勝3分、勝ち点18、得失点差+17[25-8])
2位 FC那覇 (5勝3分、勝ち点18、得失点差+15[22-7])
3位 読谷AP (5勝2分1敗、勝ち点17、得失点差+6[18-12])
4位 東風平FC (4勝3分1敗、勝ち点15、得失点差+8[18-10])
5位 FCペスカンド (3勝5敗、勝ち点9、得失点差-11[12-23])
6位 北中城SC (2勝2分4敗、勝ち点8、得失点差-2[8-10])
7位 与勝クラブ (1勝3分4敗、勝ち点6、得失点差-5[13-18])
8位 沖国大SC (2勝6敗、勝ち点6、得失点差-13[8-21])
9位 小禄クラブ (1勝7敗、勝ち点3、得失点差-15[5-20])
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/12/11 13:10】 | # [ 編集]

サポ様
結果の投稿、ありがとうございます。
2点差ビハインドから4得点ですか。

耶馬溪FCは各県決勝の初戦で、九州三菱自動車と対戦します。
勝ったほうが、延クラと熊教の勝者と当たります。
別の山は長崎代表vsLiberty、佐賀楠葉vs沖市となってます。
【2011/12/13 01:47】 URL | 照屋 #/ULP3HG6 [ 編集]


長崎県は12月18日 最終節 現在首位のMD長崎(勝点22)と 2位の佐世保SC(勝点19)が直接対決。引き分け以上でMD長崎 優勝です。
【2011/12/14 21:26】 URL | 背番号774(名無し #- [ 編集]


長崎県はMD長崎が優勝しました。8勝1分でした
【2011/12/18 16:33】 URL | 背番号774(名無し #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2407-bce8ce77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。