照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

プロレスリングNOAH、2013年宮崎大会の結果
 プロレスリングNOAHの『The First Navig.2013』シリーズの大会が、1月25日に宮崎市の北部記念体育館で行われた。NOAHにとっては今年最初のビッグマッチである大阪大会の直前の試合であり、宮崎にとっては今年最初のプロレス興行だった。観客数は400人(満員)と発表されているけど、こんなものは水増しに決まっている(某バスケと一緒)。
 組まれたのは6試合。秋山準など5選手が退団した影響もあって、5試合目までがNOAHvs外国人選手で、メインがNOAHvs新日本という形だった。結果は以下の通り。何のサプライズもなく、NOAHが全勝というのがこの団体らしい。
 じつは、レイさんに観戦を誘われたのだけど、丁重に断らせていただいた。安い席でも4000円と高かったから。“照屋が選ぶワースト・プロモーション”に金を落とすわけにはいかんでしょ。

≪NO MERCY vs NJPW スペシャル6人タッグマッチ≫
KENTA&○マイバッハ谷口&平柳玄藩 (23分32秒、マイバッハボム→体固め) 永田裕志&小島聡&渡辺高章●

≪タッグマッチ≫
森嶋猛&○モハメドヨネ (17分39秒、キン肉バスター→片エビ固め) コルト“Boom Boom”カバナ&ジェイソン・ジョーンズ●

≪オロチョンラーメン闘龍杯争奪バトルロイヤル≫
○小峠篤司 (5分46秒、腕極め式前方回転エビ固め) ブルーザー・バリー●
※他はロス・フォン・エリック、ハーレム・ブラバド、ランス・ブラバド、マーシャル・フォン・エリック、杉浦貴、丸藤正道、熊野準、石森太二

≪タッグマッチ≫
丸藤正道&○杉浦貴 (13分29秒、ドラゴンスープレックスホールド) ロス・フォン・エリック&マーシャル・フォン・エリック●

≪シングルマッチ≫
○小川良成 (7分41秒、横入り式回転エビ固め) ランス・ブラバド●

≪シングルマッチ≫
○石森太二 (10分32秒、450°スプラッシュ→エビ固め) ハーレム・ブラバド●

≪シングルマッチ≫
○小峠篤司 (8分23秒、キルスイッチ→片エビ固め) ブルーザー・バリー●

【公式サイト】
プロレスリングNOAH
この記事に対するコメント

お疲れ様です。
では観戦記を。

≪NO MERCY vs NJPW スペシャル6人タッグマッチ≫
KENTA&○マイバッハ谷口&平柳玄藩 (23分32秒、マイバッハボム→体固め) 永田裕志&小島聡&渡辺高章●

すみません。用があってメイン観られませんでした。

≪タッグマッチ≫
森嶋猛&○モハメドヨネ (17分39秒、キン肉バスター→片エビ固め) コルト“Boom Boom”カバナ&ジェイソン・ジョーンズ●

森島の尻攻撃が絶好調!コーナーに追い詰めて浜亮太ばりの尻!ロープに飛ばして越中ばりの尻!圧巻はカバナ、ジェイソンまとめてコーナーでの尻!最高の尻でした。場外を1周して勢いつけて相手にキックなどをする奴は最初はヨネ、森嶋と続いてカバナにもやってもらおうと観客が「コルト!コルト!」とコールして誘ったが「疲れるから嫌だ」と言わんばかりに観客席に座りスカされました。ヨネが最後はキン肉バスターで締めたが森島はバックドロップは不発。セミだったため「やる気、元気、モリシ!」は無かった。

≪オロチョンラーメン闘龍杯争奪バトルロイヤル≫
○小峠篤司 (5分46秒、腕極め式前方回転エビ固め) ブルーザー・バリー●
※他はロス・フォン・エリック、ハーレム・ブラバド、ランス・ブラバド、マーシャル・フォン・エリック、杉浦貴、丸藤正道、熊野準、石森太二

新人の熊野の活躍が光った。地味だったが最初から大声を出して観客にアピールするなどモチベーションの高さは十分伝わった。試合途中で石森、小峠、バリー、杉浦、丸藤などに代わる代わる集中攻撃を浴びたがよく耐えた。第一試合に続き、小峠のバリーに対する胸毛むしり攻撃でバリーの調子を狂わせ小峠が優勝。彼はトロフィーを受け取り喜んでいた。その勢いのまま売店でサイン会に回った。私はポートレイトを買ってサインを貰い握手してもらった。

≪タッグマッチ≫
丸藤正道&○杉浦貴 (13分29秒、ドラゴンスープレックスホールド) ロス・フォン・エリック&マーシャル・フォン・エリック●

あの鉄の爪三世である。まだ若いが筋肉は凄かった。(まぁ、皆すごかったけど)やっぱりアイアンクローを乱発するようなことはなく要所で使う感じだった。破壊力はやはり凄いのだろう。丸藤が必死で受けるのを抵抗していたから。マーシャルとロスのバックドロップとアイアンクローの合体技は新鮮だった。落下時にクローが外れていたがあれでそのまま掴んでいたらかなりのダメージを相手に与えると思う。観客のノリがイマイチだったため杉浦のオリンピック予選スラムも丸藤の不知火も不発。最後が杉浦のドラゴンである。意外というか呆気にとられた。

≪シングルマッチ≫
○小川良成 (7分41秒、横入り式回転エビ固め) ランス・ブラバド●

小川が上手い。ランスの攻撃も効いているのか効いてないのか分からない。ランスの髪型が何故か小川によく似ていた。それで観客から「(髪型が)小川と一緒やっど!」とヤジが飛んでいた。あっという間に小川の勝利。短い時間で終わらせたのはまだまだ小川は本調子ではないのかな?

≪シングルマッチ≫
○石森太二 (10分32秒、450°スプラッシュ→エビ固め) ハーレム・ブラバド●

石森の筋肉はカットがよく出ていた。そのため観客から「石森、スゲー!」と声がかかると日本語が分かるのだろうハーレムが負けじとポージング。すかさず石森もポージング。序盤はポージング合戦。体力ではハーレムだが技術とスピードで石森が上回る。ロープワークも良かった。最後は450°スプラッシュ。完璧に決まった。

≪シングルマッチ≫
○小峠篤司 (8分23秒、キルスイッチ→片エビ固め) ブルーザー・バリー●

小峠のイケメンぶりに観客から「小峠、カッコイイ!」と声援。バリーの胸毛が凄い。いつぞやの日本の某総理やトム・ジンクの眉毛並だ。バリーはブルーザーの名に恥じない荒っぽいファイト。しかし、凄い胸毛は弱点にもなってしまった。小峠がむしる!むしる!むしる!それでも胸毛は凄い!一体、何億本生えているのだろう?んでもって最後は怪力に苦しみながらもキルスイッチで小峠の勝利。

※総評(セミまでですが)

宮崎の会場にしては珍しくほぼフルハウス。それでも400人は?観客のノリは今一歩といった感じ。秋山などが脱退したが残った選手は頑張っていたと思う。しかし、観客がノラないと選手のモチベーションも上がらないことを感じた。モリシのバックドロップ、丸藤の不知火、杉浦のオリンピック予選スラムが出なかったのは寂しい。いい話題が少なかったノアだが新人の熊野のデビューは希望になると思う。バトルロイヤルだけの出場だったが光ってた。ウケも良かった。宮崎大会は前回の宮崎大会(MRTミックのとき)から2年ぶりくらいだろうか。前回よりかは客は入っていたと思う。BRAVEvsNO MERCYの戦いが以前の全日本の鶴田軍vs三沢軍の戦いくらいに盛り上がることを祈ってやまない。個人的に「おっ!」と思ったのがパンフを買ったら大日本の石川晋也が載っていた。1.19松山大会限定参戦らしいが大日本vsノアというのは非常に興味がある。これをきっかけに大日本との戦いの幅を広げていってほしいものだ。
用があってメイン前に帰ってしまったのが残念。また数年後に宮崎に来てくれ欲しい。
【2013/01/26 09:08】 URL | レイ #- [ 編集]

感謝
気合いの入ったレポート、ありがとうございました。
全日本に一緒に行った時も思いましたけど、プロレス会場ではレイさんは子供のようですよね(苦笑)

客入りですが、ネットで空席を撮影したのが晒されてます。
(大阪大会の画像も見たけど、ガラガラっす)
まあ、プロレスの客入りなんか信用しちゃダメなんで。
全日本なんか、何かの裁判で3倍増しだったのがばれてたような……。

石森は、東京ドームでの日本デビュー戦を見たんですよ、自分。
あのときはスゲーと思いましたけど、あの頃よりは輝きは鈍ってますね。
ジュニアのベルトを取り戻してますけど。
ブラバド兄弟は、ROHを観てると、ときどき出てきます。
小川は年も年だし、コンディションが良くないのでしょう。
新人のデビューは7年ぶりみたいです。正式デビューはまだ先なのかも。
メインが観られなかったのは残念ですね。自分が唯一観たいカードでした。

スポーツ興行で大事なのは、お客さんがたくさん入ることで、そのお客さんの熱が最高の演出になります。
自分が通ってた頃のプロレスは、リングの上も客席も熱がありましたよ……。
(熱がありすぎたのが大日本の秋葉原大会でした。リング炎上!)
行く前からワクワクさせてくれる大会もたくさんありましたし。

さて、NOAHが次、宮崎に来る機会があるかどうか。それまで続けられるかどうか……。
NOAHに関しては悲観的にしか見られないっす。
【2013/01/28 02:29】 URL | 照屋 #/ULP3HG6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2656-012d3a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)