照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域サッカーリーグ2013の結果
≪地域決勝出場チーム≫
Aグループ:グルージャ盛岡(東北)FC KOREA(関東)FC KAGOSHIMA(九州2)ノルブリッツ北海道(北海道)
Bグループ:FC大阪(大阪)マルヤス工業(東海)レノファ山口FC(全社)ヴォルカ鹿児島(九州)
Cグループ:ファジアーノ岡山NEXT(中国)サウルコス福井(福井)FC今治(四国)ジョイフル本田つくばFC(全社)

【九州】(4/6~9/22)
 今年も鹿児島勢のマッチレースとなり、ヴォルカ鹿児島が優勝した。FC KAGOSHIMAは全社で敗退したものの、地域決勝の権利を得たFC岐阜SECONDの辞退により、九州2位として地域決勝に出場できることになった。両チームは来年の統合を発表しているので、JFL入りの可能性は高いのでは? いろいろあった鹿児島だけに、すんなり行くかは心配である。どっちも地域決勝のために支援金を募っているのも、「う~ん……」という感じ。
 自分が驚かされたのが、FC中津の4位。後期に勝ち点を伸ばしていった。ただ、順位表を見ればわかる通り、今年の九州リーグは2チームが抜けて強く、1チームが追いかけてという状況だった。9位のF.C.那覇は入替戦とはなっているものの、残留することになるだろう。最下位の九州総合スポーツカレッジが県リーグに降格するのは動かしようがない。ここしばらく必ず居続けた“Jリーグを目指すチーム”がいなくなることで、アマチームによる九州リーグが新しいスタートを切ることになると思う。

【四国】(4/7~10/6)
 FC今治の力が抜けていて、無敗&一桁総失点で優勝した。2位は高知勢が争った。
 ところで、南国高知FCの新名称は「アイゴッソ高知」になったとのこと。名付け親の小学5年生の女の子には申し訳ないけど、Jリーグのチームや、Jリーグを目指すチームの名前はどうなのかなと感じるのが多い。幅広い年代の市民に親しまれる名前なのかと思ってしまう。

【中国】(4/6~9/22)
 3強の争いは、昨年の地域決勝4位のファジアーノ岡山NEXTが制した。3位のレノファ山口FCは、全社を優勝して地域決勝の権利を獲得。2位のデッツォーラ島根E.Cが今季終了ということになった。レノファ山口FCはJ3の昇格候補で、グルージャ盛岡とのどちらかが上がると見られている。

【関西】(4/13~10/6)
 1部リーグ昇格1年目のFC大阪が無敗で優勝した。以前は鵬翔OBがいたけど、今はいない。前年優勝のアミティエSCが2位。レイジェンド滋賀FCの3位は躍進と言えるのでは。残留争いをしていた奈良クラブとアルテリーヴォ和歌山は情けないとしかいいようがない。

【東海】(5/5~10/27)
 9勝1分4敗のマルヤス工業が優勝したように混戦だった。2位のFC岐阜SECONDは、全社でヴォルカ鹿児島を破って地域決勝の権利を得たものの、辞退した。昨年優勝のFC鈴鹿ランポーレは6位という体たらく。リーグ開幕前にネットを騒がせたりと散々だったようだ。

【北信越】(4/14~7/28)
 早いうちからJ3ではなくJFLへの昇格を公言していたサウルコス福井が優勝した。天皇杯では、ホンダロックSCに勝った宮崎産経大に勝っている。

【関東】(4/6~9/22)
 2チームの争いになり、FC KOREAが優勝した。勝ち点2差の2位がヴェルフェたかはら那須。

【東北】(4/7~11/10)
 前半戦を終えた時点ではヴァンラーレ八戸FCが全勝で首位を独走していたものの、後半戦はグルージャ盛岡に0-2で敗れ、FCガンジュ岩手と引き分けて、16勝1分1敗でグルージャ盛岡に勝ち点で並ばれてしまった。そして、得失点差を稼いでいたグルージャ盛岡に優勝を奪われる格好となった。全社ではヴォルカ鹿児島に敗れて、地域決勝出場を逃した。一方のグルージャ森岡はJ3昇格の可能性がある。

【北海道】(5/12~9/22)
 ノルブリッツ北海道が今年も優勝したけど、3敗もした。うち2敗が、2位の十勝フェアスカイ・ジェネシスに敗れてのものだった。
 
1部リーグ順位

【九州】
1位 ヴォルカ鹿児島 (15勝1PK勝1PK敗1敗、勝ち点48、得失点差+63[76-13])△地域決勝
2位 FC KAGOSHIMA (15勝1PK敗2敗、勝ち点46、得失点差+63[81-18])△地域決勝
3位 新日鐵住金大分 (12勝6敗、勝ち点36、得失点+29[57-28])
4位 FC中津 (6勝2PK勝3PK敗7敗、勝ち点25、得失点差-10[23-33])
5位 海邦銀行SC (5勝3PK勝3PK敗7敗、勝ち点24、得失点差-18[27-45])
6位 九州三菱自動車 (6勝1PK勝1PK敗9敗、勝ち点22、得失点差-12[26-38])
7位 三菱重工長崎SC (5勝2PK勝1PK敗10敗、勝ち点20、得失点差-8[33-41])
8位 佐賀LIXIL FC (3勝3PK勝3PK敗9敗、勝ち点18、得失点差-12[18-30])
9位 F.C.那覇 (4勝2PK勝2PK敗10敗、勝ち点18、得失点差-25[20-45])
10位 九州総合スポーツカレッジ (2勝3PK勝1PK敗12敗、勝ち点13、得失点差-70[25-95])▼降格

【四国】
1位 FC今治 (13勝1分、勝ち点40、得失点差+65[72-7])△地域決勝
2位 南国高知FC (8勝5分1敗、勝ち点29、得失点差+23[39-16])
3位 高知UトラスターFC (9勝1分4敗、勝ち点28、得失点差+51[69-18])
4位 多度津FC (5勝2分7敗、勝ち点17、得失点差-18[26-44])
5位 R.VELHO (4勝4分6敗、勝ち点16、得失点差-2[19-21])
6位 リャーマス高知FC (4勝4分6敗、勝ち点16、得失点差-14[20-34])
7位 南クラブ (2勝1分11敗、勝ち点7、得失点差-54[6-60])▼入替戦
8位 セレステ (2勝12敗、勝ち点6、得失点差-51[15-66])▼降格

【中国】
1位 ファジアーノ岡山NEXT (15勝2分1敗、勝ち点47、得失点差+43[53-10])△地域決勝
2位 デッツォーラ島根E.C (14勝1分3敗、勝ち点43、得失点差+58[64-6])
3位 レノファ山口FC (13勝3分2敗、勝ち点42、得失点差+40[53-13])△地域決勝
4位 松江シティFC (7勝4分7敗、勝ち点25、得失点差+5[39-34])
5位 NTN岡山 (7勝1分10敗、勝ち点22、得失点差-12[33-45])
6位 富士ゼロックス広島SC (6勝3分9敗、勝ち点21、得失点差-24[30-54])
7位 三菱自動車水島FC (4勝5分9敗、勝ち点17、得失点差-11[26-37])
8位 佐川急便中国SC (4勝5分9敗、勝ち点17、得失点差-17[22-39])
8位 SRC広島 (4勝4分10敗、勝ち点16、得失点差-39[25-64])▼降格
10位 JX日鉱日石エネルギー水島 (1勝2分15敗、勝ち点5、得失点差-43[18-61])▼降格

【関西】
1位 FC大阪 (12勝2分、勝ち点38、得失点差+31[28-7])△地域決勝
2位 アミティエSC (9勝2分3敗、勝ち点29、得失点差+20[31-11])
3位 レイジェンド滋賀FC (8勝2分4敗、勝ち点26、得失点差+10[24-14])
4位 バンディオンセ加古川 (7勝4分3敗、勝ち点25、得失点差+10[23-13])
5位 奈良クラブ (3勝4分7敗、勝ち点13、得失点-11[11-22])
6位 アルテリーヴォ和歌山 (4勝1分9敗、勝ち点13、得失点差-19[16-35])
7位 AS.Laranja Kyoto (2勝2分10敗、勝ち点8、得失点差-16[10-26])▼降格
8位 アイン食品 (2勝1分11敗、勝ち点7、得失点差-25[12-37])▼降格

【東海】
1位 マルヤス工業 (9勝1分4敗、勝ち点28、得失点差+11[26-15])△地域決勝
2位 FC岐阜SECOND (9勝5敗、勝ち点27、得失点差+12[28-16])
3位 FC刈谷 (8勝1分5敗、勝ち点25、得失点差+14[35-21])
4位 アスルクラロ沼津 (8勝1分5敗、勝ち点25、得失点差-1[20-21])
5位 トヨタ蹴球団 (7勝1分6敗、勝ち点22、得失点差+3[29-26])
6位 FC鈴鹿ランポーレ (6勝2分6敗、勝ち点20、得失点差-1[22-24])
7位 藤枝市役所 (3勝11敗、勝ち点9、得失点差-10[17-27])▼降格
8位 矢崎バレンテ (3勝11敗、勝ち点3、得失点差-27[14-41])▼降格

【北信越】
1位 サウルコス福井 (12勝2分、勝ち点38、得失点差+36[43-7])△地域決勝
2位 JAPANサッカーカレッジ (10勝2分2敗、勝ち点32、得失点差+41[53-12])
3位 アルティスタ東御 (9勝1分3敗、勝ち点28、得失点差+30[39-9])
4位 FCアンテロープ塩尻 (5勝2分6敗、勝ち点17、得失点差-15[17-32])
5位 FC北陸 (4勝2分8敗、勝ち点14、得失点差-18[16-34])
6位 ヴァリエンテ富山 (3勝2分9敗、勝ち点11、得失点差-19[18-37])
7位 富山新庄クラブ (2勝4分8敗、勝ち点10、得失点差-19[17-36])▼降格
8位 テイヘンズFC (1勝3分10敗、勝ち点6、得失点差-36[12-48])▼降格

【関東】
1位 FC KOREA (12勝4分2敗、勝ち点40、得失点差+17[31-14])△地域決勝
2位 ヴェルフェたかはら那須 (11勝5分2敗、勝ち点38、得失点差+15[32-17])
3位 tonan前橋 (9勝4分5敗、勝ち点31、得失点差+11[32-21])
4位 東京23FC (9勝2分7敗、勝ち点29、得失点差+18[50-32])
5位 エリースFC東京 (9勝2分7敗、勝ち点29、得失点差+11[34-23])
6位 日立ビルシステム (6勝6分6敗、勝ち点24、得失点差-2[26-28])
7位 流通経済大学FC (7勝3分8敗、勝ち点24、得失点差-8[26-34])
8位 さいたまSC (6勝5分7敗、勝ち点23、得失点差-7[24-31])
9位 クラブ・ドラゴンズ (3勝15敗、勝ち点9、得失点差-31[23-54])▼降格
10位 東邦チタニウム (1勝3分14敗、勝ち点6、得失点差-24[17-41])▼降格

【東北】
1位 グルージャ盛岡 (16勝1分1敗、勝ち点49、得失点差+85[95-10])△地域決勝
2位 ヴァンラーレ八戸FC (16勝1分1敗、勝ち点49、得失点差+59[67-8])
3位 FCガンジュ岩手 (13勝1分4敗、勝ち点40、得失点差+50[67-17])
4位 コバルトーレ女川 (10勝2分6敗、勝ち点32、得失点差+13[42-29])
5位 富士クラブ2003 (5勝2分11敗、勝ち点17、得失点差-25[28-53])
6位 盛岡ゼブラ (5勝1分12敗、勝ち点16、得失点差-41[19-60])
7位 FCプリメーロ (4勝3分10敗、勝ち点15、得失点差-32[20-52])
8位 塩釜NTFCヴィーゼ (4勝2分11敗、勝ち点14、得失点差-35[23-58])
9位 バンディッツいわき (4勝1分13敗、勝ち点13、得失点差-36[24-60])▼降格
10位 秋田FCカンビアーレ (3勝4分11敗、勝ち点13、得失点差-38[19-57])▼降格

【北海道】
1位 ノルブリッツ北海道 (11勝3敗、勝ち点33、得失点差+28[40-12])△地域決勝
2位 十勝フェアスカイ・ジェネシス (10勝2分2敗、勝ち点32、得失点差+28[44-16])
3位 札幌大学GOAL PLUNDERER (9勝1分4敗、勝ち点28、得失点差+14[41-27])
4位 札幌蹴球団 (7勝2分4敗、勝ち点23、得失点差+12[33-21])
5位 六花亭マルセイズFC (6勝1分7敗、勝ち点19、得失点差+10[31-21])
6位 新日鐵住金室蘭 (5勝1分8敗、勝ち点16、得失点差-8[29-37])
7位 岩見沢FC北蹴会 (1勝3分10敗、勝ち点6、得失点差-41[20-61])▼降格
8位 トヨタ自動車北海道 (1勝2分11敗、勝ち点5、得失点差-43[14-57])▼降格


2部リーグ順位

【関西】
1位 関大FC2008 (10勝2分2敗、勝ち点32、得失点差+39[52-13])△昇格
2位 阪南大クラブ (10勝2分2敗、勝ち点32、得失点差+19[34-15])△昇格
3位 ディアブロッサ奈良 (7勝2分5敗、勝ち点23、得失点差+3[28-25])
4位 パナソニックエナジー洲本 (6勝3分5敗、勝ち点21、得失点差-6[24-30])
5位 京都紫光クラブ (4勝3分7敗、勝ち点15、得失点差-11[25-36])
6位 高砂ミネイロFC (4勝1分9敗、勝ち点13、得失点差-17[18-35])
7位 関学クラブ (3勝3分8敗、勝ち点12、得失点差-15[14-29])▼入替戦
8位 BIWAKO.S.C.HIRA (3勝2分9敗、勝ち点11、得失点差-12[23-35])▼降格

【東海】
1位 名古屋クラブ (12勝1分1敗、勝ち点37、得失点差+32[41-9])△昇格
2位 Chukyo univ.FC (9勝3分2敗、勝ち点30、得失点差+27[41-14])△昇格
3位 常葉大学浜松キャンパスFC (6勝3分5敗、勝ち点21、得失点差+4[24-20])
4位 春日井クラブ (6勝3分5敗、勝ち点21、得失点差-12[17-29])
5位 ISE YAMATO FC (4勝3分7敗、勝ち点15、得失点差-6[21-27])
6位 FC川崎 (3勝5分6敗、勝ち点14、得失点差-12[18-30])
7位 長良クラブ (2勝4分8敗、勝ち点10、得失点差-9[17-27])▼降格
8位 ジェイテクト (2勝2分10敗、勝ち点8、得失点差-24[17-41])▼降格

【北信越】
1位 F.C.上田ジェンシャン (11勝2敗、勝ち点33、得失点差+48[61-13])△昇格
2位 坂井フェニックスSC (9勝2分3敗、勝ち点29、得失点差+25[50-25])△昇格
3位 '09経大FC (6勝3分5敗、勝ち点21、得失点差+10[36-26])
4位 ASジャミネイロ (6勝2分6敗、勝ち点20、得失点差+6[27-21])
5位 FCアビエス (6勝2分5敗、勝ち点20、得失点差-3[27-30])
6位 長岡ビルボードFC (6勝8敗、勝ち点18、得失点差-11[34-45])
7位 CUPS聖篭 (5勝9敗、勝ち点15、得失点差-9[27-36])▼降格
8位 グランセナ新潟FC (1勝1分12敗、勝ち点4、得失点差-66[6-72])▼降格

【関東】
1位 浦安SC (17勝1分、勝ち点52、得失点差+83[94-11])△昇格
2位 VONDS市原FC (13勝5敗、勝ち点39、得失点差+27[46-19])△昇格
3位 横浜猛蹴 (10勝2分6敗、勝ち点32、得失点差-1[29-30])
4位 神奈川県教員SC (8勝3分7敗、勝ち点27、得失点差-3[30-33])
5位 海上自衛隊厚木基地マーカス (7勝3分8敗、勝ち点24、得失点差-6[28-34])
6位 日本工学院F・マリノス (8勝10敗、勝ち点24、得失点差-16[27-43])
7位 大成シティFC坂戸 (6勝1分11敗、勝ち点19、得失点差-2[29-31])
8位 東京海上日動火災保険 (5勝4分9敗、勝ち点19、得失点差-7[23-30])
9位 ACアルマレッザ飯能 (4勝5分9敗、勝ち点17、得失点差-6[26-32])▼降格
10位 三菱養和SC (2勝1分15敗、勝ち点7、得失点差-69[15-84])▼降格

【東北(南)】
1位 仙台中田SC (12勝2分4敗、勝ち点38、得失点差+16[44-28])
2位 メリー (12勝1分4敗、勝ち点37、得失点差+26[46-20])
3位 仙台SASUKE.FC (9勝2分6敗、勝ち点29、得失点差+9[42-33])
4位 いわき古河F.C (9勝1分8敗、勝ち点28、得失点差+11[44-33])
5位 相馬SC (7勝4分6敗、勝ち点25、得失点差+6[30-24])
6位 FCパラフレンチ米沢 (7勝2分6敗、勝ち点23、得失点差+3[28-25])
7位 マリソル松島 (7勝2分9敗、勝ち点23、得失点差-15[32-47])
8位 FCシャイネン福島 (6勝3分8敗、勝ち点21、得失点差-1[31-32])
9位 中新田SC (6勝1分10敗、勝ち点19、得失点差-2[34-36])
10位 酒田琢友クラブ (1勝15敗、勝ち点3、得失点差-53[12-65])▼降格

【東北(北)】
1位 ラインメール青森 (15勝2分、勝ち点47、得失点差+49[52-3])△昇格
2位 ブランデュー弘前FC (11勝2分4敗、勝ち点35、得失点差+16[32-16])
3位 大宮クラブ (8勝5分4敗、勝ち点29、得失点差+9[36-27])
4位 TDK親和会 (7勝3分7敗、勝ち点24、得失点差+2[22-20])
5位 FC Fuji08 (6勝3分8敗、勝ち点21、得失点差-9[24-32])
6位 新日鐵住金釜石 (6勝2分9敗、勝ち点20、得失点差-2[24-26])
7位 水沢SC (5勝5分7敗、勝ち点20、得失点差-2[23-25])
8位 秋田大学医学部サッカー部 (5勝2分5敗、勝ち点17、得失点差-9[20-29])
9位 花巻クラブ (5勝2分10敗、勝ち点17、得失点差-18[24-42])
10位 遠野クラブ (2勝4分11敗、勝ち点10、得失点差-36[13-49])▼降格
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2677-205cb9ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。