照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

宮崎県サッカーリーグ

   日程・結果(1部2部3部)
   順位表・個人ランキング
   (1部2部3部)
   変更・出場停止等の案内
   ※携帯版はこちら

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年7月の大会結果
【第94回天皇杯サッカー】
 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦が7月6日にあり、宮崎県代表のホンダロックSCが長崎県で三菱重工長崎SCと対戦した。相手の重工長崎は、リーグ戦が進むにつれて調子を上げて、現在は3位につけている。その相手にロックはシュート数で大きく劣ったものの、後半の原田の2得点があり、2-1で勝った。
 次は12日に、ニッパツ三ツ沢球技場で前年優勝の横浜F・マリノスと対戦した。ロックは前半のアディショナルタイムに先制を許すと、後半早々にCKから追加点を決められる。終盤にも3点目を決められて、0-3で敗れた。シュート数はわずか2本だった。

【第96回全国高校野球選手権宮崎県大会】
≪決勝≫
日南学園 2-0 日章学園(※日南学園は3年ぶり7回目の優勝)
≪準決勝≫
日南学園 3-1 宮崎日大、日章学園 6-0 延岡工業
≪準々決勝≫
日南学園 10-0 宮崎大宮、宮崎日大 6-3 延岡星雲、日章学園 6-4 延岡商業、延岡工業 8-4 佐土原
≪3回戦≫
日南学園 4-0 福島、宮崎大宮 4-1 宮崎第一、延岡星雲 7-4 都城農業(延長10回)、宮崎日大 1-0 延岡学園、延岡商業 5-3 聖心ウルスラ学園、日章学園 10-0 宮崎学園(5回コールド)、延岡工業 3-2 都城商業、佐土原 5-2 宮崎北(延長10回)
≪2回戦≫
日南学園 (不戦) 宮崎海洋、福島 6-2 高千穂、宮崎第一 7-0 日南(7回コールド)、宮崎大宮 11-3 妻(7回コールド)、延岡星雲 8-3 高鍋、都城農業 9-8 宮崎西(延長11回)、延岡学園 6-5 小林西、宮崎日大 4-0 高城、聖心ウルスラ学園 19-2 西都商業(5回コールド)、延岡商業 6-3 鵬翔、宮崎学園 7-0 門川(8回コールド)、日章学園 8-1 都農(8回コールド)、都城商業 9-2 富島(7回コールド)、延岡工業 5-1 都城工業、佐土原 16-2 日向工業(5回コールド)、宮崎北 4-3 宮崎南(延長10回)
≪1回戦≫
福島 15-0 高鍋農業(5回コールド)、高千穂 6-5 都城、宮崎第一 10-0 都城高専(6回コールド)、日南 1-0 本庄、宮崎大宮 3-2 延岡、宮崎西 5-1 宮崎農業、都城農業 5-3 宮崎商業、小林西 4-1 宮崎工業、延岡学園 12-1 小林(6回コールド)、鵬翔 12-0 都城泉ヶ丘(6回コールド)、延岡商業 9-2 都城東(再試合)、門川 4-2 日南振徳、宮崎学園 7-0 都城西(7回コールド)、都城工業 9-0 日向(7回コールド)、延岡工業 9-0 飯野(7回コールド)、佐土原 3-2 日向学院、日向工業 6-1 小林秀峰

【第5回全九州クラブバスケ選抜大会】
 第5回全九州クラブバスケットボール選抜大会が宮崎市で7月5日と6日に行われた。男女とも16チームによる大会で、上位2チームは9月の全国大会に出場する。宮崎県勢では、男子のOMU hotties、女子の中村消防 煌クラブが準優勝した。

【霧島賞の前哨戦】
 8月19日に行われる第18回霧島賞の前哨戦となるJRA交流競走が2レース、7月21日に佐賀競馬場で行われた。そのうちの1つ、えびの特別に都城産の馬が2頭出走した。まずは、JRAのキリシマホーマ(牡3)。芝の未勝利を勝ち上がったように芝適性のある馬で、ダートはたんぽぽ賞以来の2戦目だった。結果も振るわず、6着だった。もう1頭、佐賀のキリシマウイング(牝7)は最初の直線で競走を中止した。

【プロボクシング】
 7月30日に後楽園ホールで行われた大会で、日本スーパーウェルター級王座から陥落しての復帰戦に湯場忠志(都城レオスポーツ)が臨んだ。試合は161ポンド契約の8回戦で、相手はフィリピンのドンドン・ラプスという選手。結果は1ラウンド2分42秒、湯場がKOで勝った。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2803-c4ab8349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。