照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

宮崎県サッカーリーグ

   日程・結果(1部2部3部)
   順位表・個人ランキング
   (1部2部3部)
   変更・出場停止等の案内
   ※携帯版はこちら

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRTに抗議のメールを送りました
 9月2日に送りました。夕方に、MRTの夕方のニュース番組『ニュースnext』を観て、非常に頭に来たことがあったからです。番組の専用メールフォームを通じて、抗議の内容で送らせていただきました。
 どういうことかというと、現在、『第6回IBAF女子野球ワールドカップ2014宮崎大会』が行われています。MRT宮崎放送は運営協力で関わっていて、今年に入ってからこの大会のことを積極的に報道し、深夜ながら日本代表の試合の中継も行っています。
 その最初の試合(vsオーストラリア)を録画して観ていたら、実況のアナウンサーが驚くことを言ったのです。「観客は1万人を超えています」と。「1万人を超える応援が」と。「はぁ???」とビックリ仰天しました。どう見ても、客席のほとんどがガラガラだったからです。そして、試合翌日のニュースの中で、1万3000人ものお客さんが集まったよ的な報道をしているのを観て、非常に呆れたというか、頭に来たわけです。
 1万3000人の観衆といえば、3年半前に口蹄疫の復興イベントとして開催された『TAKE ACTION in 宮崎』と同じです(正確には1万3121人だった)。あのサッカーイベントは、宮崎県総合運動公園陸上競技場のスタンドと芝生席を人、人、人で埋め尽くしました。あのときと同じとは到底思えないし、同じにするのは恥ずかしいことです。
 水増しなんて、珍しいものではありません。ただ、宮崎県内のイベントに関しては、自分は胡散臭く思っています。例えば、かつていた宮崎シャイニングサンズ。試合を3回観に行きましたが、自分の感覚では3倍増しでした。また、橘通りでたまにパレードが行われて約5万人が集まったとか伝えられますけど、あの長さで、しかも狭い歩道でそんなに集まるのかよといつも思っています。
 今回の水増しは、(プロレスファンでもある)自分のこれまでの常識を上回るものだったので、怒りが大きくなったのでしょう。以下に、MRTに送った文章を載せておきます。急いで書いたので稚拙なものですが、ご容赦ください。
 
↓↓↓ 以下、原文ママ ↓↓↓

初めて、メールをさせていただきます。9月2日夕方のニュースを拝見して、驚いたことがあったからです。
現在開催されている女子野球ワールドカップの日本vsオーストラリアの初戦について、観客が1万3000人と大きく取り上げられていました。IBAFの英語の公式サイトを見ると、この試合の記録に関して入場者数が13,000人とあるので、それを受けてのものだと思います(他の試合は250人とかです)。しかし、この数字は大いにおかしいでしょう。
試合を観ると、外野席と1塁側、3塁側スタンドがほぼ無人で、上部のスタンドもあまり人がいません。バックネット裏の人が集まっている部分でも、座席の半分も行っていない客入りのように見えました。自分は2000人、多く見積もっても3000人以下だと思いました。
自分は4月にあった巨人vsDeNAを現地で観ています。昨日の試合で1万3000人なら、あの試合は10万人ほどになるのでしょうか? サンマリンスタジアムは、内野席だけなら1万8000人の収容能力があります。つまり、1万30000人なら、内野席の3分の2を埋め尽くさなくてはいけません。しかし、昨日の試合はどうでしょうか? 明らかにおかしいではないですか。
宮崎で行われる国際大会を盛り上げようと、そして県民に伝えていこうとする姿勢は素晴らしいと思います。しかし、だからといって、貴社が関わっているものが盛り上がっているかのように見せるために、誰にでもわかるような嘘を伝えていいというものではないでしょう。しかも、それをニュース報道のなかで。これでは、戦争末期の大本営と変わらないのではないでしょうか?
今回の報道には非常にガッカリさせられました。私のブログでも書かせていただきます。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2811-ee367db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。