照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

テゲバジャーロ宮崎FCが宮崎県庁で発足会見
 テゲバジャーロ宮崎FCの発足会見は、1月20日に宮崎県庁の県政記者室で行われた。会見にはテレビや新聞などの報道各社が集まった。自分は柳田代表から声を掛けられていたので、都合のやり繰りをして臨んだ。
 MSU側の出席者は柳田和洋代表、鈴木博之事務局長、玉手伸幸企画室室長(司会進行)の3人と、村尾龍矢、チャンバレン・イファラ(ナイジェリア)の選手2人。それに、メインスポンサーであるバイオミストジャパンの川越広之代表取締役社長。宮崎県サッカー協会からは来賓として、日高勇二副会長、長倉春義事務局長が同席した。

 まずは、新チーム名の発表があり、名前の由来も紹介された。そして、柳田代表が「2017年のJ3加盟を目指してがんばります」と宣言した。
 つづいて、川崎フロンターレの大久保嘉人選手の応援メッセージ動画が紹介された。大久保選手は代表の知人らしい。このサプライズについては、年末に聞いていた。
 ユニフォームは、ホーム用FPユニについては、これまでのデザインを踏襲したものだ。アウェーは産経大カラーだったものから、青メインに変わった。
 スポンサーの紹介があった後、「未来を駆け抜けろ ~ Run through the future ~」というスローガンが発表された。今までの状況を一新して、次のステージに立っているという意気を込めてのものだ。選手代表として、村尾選手が「J3目指して、まずは九州リーグ優勝を目指して、チーム一丸となって戦っていきます。応援よろしくお願いします」と宣言した。
 そして、来賓の挨拶。日高副会長は「また一つ、子供たちが夢を持てる、毎日励みになるチームが誕生しました。大切なことはサポーターが増えること、みんなに夢を持たせて続けること。ぜひ九州リーグを突破して、J3に上がっていただきたい」とエールを送り、長倉事務局長は「2チームになりましたけども、県サッカー協会としても共同という立場で、精一杯手を携えて、一緒に向上していきたいと思います」と協力を表明した。

 質疑応答は当初、20分を予定していたものの、進行に空きができたため、45分になってしまった。
 質問が集中したのがスタジアム問題。会見後に「あれほど聞かれるとは……」と柳田代表が漏らすほどだった。J3スタジアム要件を満たす競技場が宮崎県内に無く、目途も立っていない状況だから、MSU側の回答は希望をほのめかすだけの、歯切れの悪いものに終始した。まあ、これはしょうがないだろう。これに関しては日高副会長が、専用スタジアムが理想であること、木花陸上競技場のメインスタンドの椅子席を5000人分に改修してほしいことを語ってくれた。
 J・FC MIYAZAKIについての質問があるのは、容易に想像できたこと。口火を切ったのは、JFCのスポンサーであるMRTだった。MSU側の回答はこちらも煮え切らないもので、切磋琢磨とか、共創といった言葉が出ていた。
 振り返ってみると、記者側は2017年という数値設定、そしてスタジアムの問題を危惧していたように思える。主だったやり取りは、この記事の後ろ側に記しておく。

 質疑応答の後に写真撮影があり、会見は1時間ほどで終わった。このニュースは、夕方にはネットを通じて全国に配信され、夕方テレビの各ローカルニュースで1分ほど伝えられた。そして、翌日の各朝刊に記事が載った。
会見の様子 ユニフォームの背中
ユニフォーム 集合写真
 
――この時期にチーム名を変更して、J3入りを表明した一番の理由は?

 当クラブが50周年、私が監督になって15年という節目だから。企業のサポートだとか、多くの選手が加入するということで、決意表明をした。

――J3昇格まで2年という数字は、どういう計算で? どういうチーム作りを目指すのか?

 2017年というのは様々な問題をクリアしないといけないが、JFLに昇格して、J3に行く最短距離。J3ライセンスとかあるが、そこを整備しながら。自分たちだけではどうにもできないスタジアムの問題もあるので、県や市の方々と話を進めていきたい。よりスピーディーに、よりタフなチームを作っていきたいし、県民が感動できる試合をしていきたい。

――スタジアムの目途は?

 私でどうこうできる話ではない。国体招致に名乗りを上げたことは、追い風になると考えている。

――2017年は危ういのでは?

 県民を巻き込む形で、チームが結果を出すことで気運が高まれば。

――ホームタウンは?

 宮崎市。今シーズンは、日南や串間での開催も考えている。

――JFCが九州リーグに昇格したが、その感想などを。

 ダービーマッチは盛り上がるだろうし、切磋琢磨して、サッカーは面白いなと県民の皆様に見てもらいたい。鹿児島の状況もあるし、今は競い合う仲だが、最終的には共創……共に作り上げるという意味で、協力できればと思う。

――Jリーグ入りの表明は、JFCの影響を受けてのものか?

 ウチは以前から意思は出していた。こういうものは時間が掛かるということを感じている。過去に失敗したチームの分析を考えると、すぐにできるものではない。

――下部組織もテゲバジャーロになるのか?

 その予定で考えている。MSUという名前は法人名で使っていく。トップチームの別の運営組織を、公益法人か株式会社で今年か来年までには立ち上げる方向で進めている。

――現在のNPOがトップチームを運営するのではない?

 そうなる。ただし、今年一年は今の形で。

――新加入の選手は?

 新加入は9名。選手はアマチュア契約のみ。選手は全体で26名は確保している。

――どれぐらいのスポンサーが?

 ユニフォームは4つとも。(この後は聞き取れなかった)

――JFCと合流するのなら、どちらかがJ3に上がってからか? それとも、鹿児島のように合併してから上がるのか?

 現時点では切磋琢磨していこうと。

――ユニフォームの赤色は?

 情熱の赤。黄色は太陽。

――エンブレムについて?

 牛、鶏、太陽、天孫降臨。

――改めて、スタジアムについて。

≪日高副会長≫ サッカー協会も動いている。あらゆる機会でお願いしている。J3の最低5000人は満たしてもらいたいので、木花陸上競技湯のメインスタンドの椅子席の改修をお願いしたい。

――陸上競技場なのか? 専用スタジアムなのか?

≪日高副会長≫ 鳥栖のように専用がいい。イングランドやドイツなど、世界で観客の多いリーグは専用スタジアム。選手とファンの一体感が味わえる。陸上競技場ではない。

――試合は?

 まずは、1月24日にホンダロックSCとトレーニングマッチ。これは練習着で。2月のFC岐阜との試合も練習着になると思う。

――スタジアム要件が満たされない場合、結果を出しても2017年はダメになるのか?

 そうなる。自分たちではどうこう言えない。

――目標を達成できないときの反動は?

 強化と、スポンサーさんとの信頼関係でやっていこうとは思うが、目標は目標ということと、チームが節目ということで、県民がチームに愛されることは、公益的に、広域的に続かないといけない。上がれなかったからダメではなく、継続させることが大事。良いものをつくるためには時間が必要だ。

――スタジアムについては市か県、どちらに要望を出すのか?

 ホームタウンは市だけど……。

(筆者の質問は省略。この後、スタジアムの質問がまたあった)

――最後に意気込みを。

 満を持して、いい形で九州リーグ入れる。JFLに昇格したい。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2836-01d4418f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)