照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

宮崎県サッカーリーグ

   日程・結果(1部2部3部)
   順位表・個人ランキング
   (1部2部3部)
   変更・出場停止等の案内
   ※携帯版はこちら

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年1月の大会結果
【第39回九州各県サッカーリーグ決勝大会】
 第39回九州各県サッカーリーグ決勝大会が1月10日と11日に、佐賀県総合運動場(佐賀市)で開催された。結果は、優勝したNIFS KANOYA FC(鹿児島)が九州リーグに昇格することになった。2位の熊本教員蹴友団(熊本)は、佐賀LIXIL FCとの入替戦にまわり、これに勝利して昇格を決めた。これにより、九州リーグの無い県は佐賀になった。
 宮崎県からは、宮崎蹴球団ドリームズが初めて出場した。8年前に同所であった大会でエストレーラ宮崎FCが敗れたときと同じように、初戦の相手は沖縄勢。今回も沖縄が勝ち、そしてこれも同様に勝ち上がった沖縄が次戦で大敗した。
≪入替戦≫
熊本教員蹴友団(各県2位) 1-0(0-0、1-0) 佐賀LIXIL FC(九州9位)
≪決勝≫
NIFS KANOYA FC(鹿児島) 6-1(0-0、6-1) 熊本教員蹴友団(熊本)
≪準決勝≫
NIFS KANOYA FC(鹿児島) 1-0(0-0、1-0) 耶馬渓FC(大分)、熊本教員蹴友団(熊本) 6-1(1-1、5-0) FC阿麻和利(沖縄)
≪1回戦≫
耶馬渓FC(大分) 3-0(2-0、1-0) FC.TOSU(佐賀)、NIFS KANOYA FC(鹿児島) 1-1(0-1、1-0、PK5-3) MD長崎(長崎)、FC阿麻和利(沖縄) 3-2(1-1、2-1) 宮崎蹴球団ドリームズ(宮崎)、熊本教員蹴友団(熊本) 2-0(0-0、2-0) 三宅クラブ(福岡)

【第60回全日本実業団対抗駅伝】
 第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会が1月1日、群馬県庁発着の7区間100kmに43チームが参加して行われた。17年ぶり22回目の優勝を狙った旭化成は4時間56分14秒、優勝したトヨタ自動車から約4分遅れの7位に終わった。
 旭化成は序盤で出遅れた。1区の鎧坂哲哉が膝の怪我で本調子になく、10秒ほど遅れての16位。次の2区(外国人区間)で、村山紘太も苦しい走りで順位を21位に下げてしまった。1万kmの日本記録の2位と1位の選手で、首位と2分遅れの21位というのは誤算だっただろう(鎧坂の起用はおかしいでしょ? 無理させんなよ)。3区以降は徐々に順位を上げていったものの、トップとの差はさらに広がってのフィニッシュだった。ちなみに、18位以上のチームで外国人を起用していなかったのは7位の旭化成と14位の中国電力だけ。これを見ると、健闘していると言える。
 今回は2区で、沿道にいたペットの犬が飛び出し、選手がリードを脚にひっかけて転倒するというアクシデントがあった(その選手のチームが2位)。犯人は右手にリードで、左手に赤ん坊を抱えた年配の男。この迷惑な人物を特定して、二度とこういうことが起こらないようなルールを作ってほしい。

【第21回都道府県対抗男子駅伝】
 天皇盃 第21回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会が1月24日、平和記念公園前発着の7区間48.0kmで行われた。記録的な寒波で雪が降るなか、宮崎は2時間23分45秒で27位だった(優勝は2時間20分12秒の愛知)。区間賞は5区の12位sが最高だった。

【第34回都道府県対抗女子駅伝】
 皇后盃 第34回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会が1月17日、西京極総合運動公園陸上競技場発着の9区間42.195kmで行われた。宮崎は2時間22分23秒で33位だった(優勝の愛知は2時間16分2秒)。九州では5番目。走った選手の内訳は宮崎銀行が4人、宮崎日大高が2人、小林高と三股中、妻中が1人ずつ(ふるさと選手は出場せず)。社会人がいるという意味では、宮銀の陸上部創設は大きかったと思う。どの選手もだいたい区間30位前後だったが、小林高の下田平渚が7区で4位と健闘した。

【第23回全国クラブラグビー】
 第23回全国クラブラグビーフットボール大会が1月10日に始まり、九州南部代表の川南クラブは、1回戦で北関東甲信越代表のRKUラグビー龍ヶ崎・ドラゴンズと北九州市で対戦した。相手は流経大の2軍or3軍らしい。過去の大学vsクラブの結果から「こういう相手では厳しいだろう…」と思っていたら、川南クラブは13トライを奪われて、15-85で敗れた(前半は10-33)。

【第94回全国高校サッカー】
 第94回全国高等学校サッカー選手権大会が12月30日に開幕し、宮崎県代表の日章学園は1月2日の2回戦から登場した。相手は富山第一(富山)で、日章は前半に失点して、0-1で敗れた。シュートは後半の4本のみだった。

【第68回全国高校バレー】
 第68回全日本バレーボール高等学校選手権大会が東京体育館で1月5日に開幕し、宮崎県代表は男女ともに初日で姿を消した。
 男子の延岡工業は、高校総体上位の開智(和歌山)と対戦し、0-2(18-25、23-25)で敗れた。女子の延岡学園も、日ノ本学園(兵庫)に0-2(21-25、22-25)で敗れた。

【2015/16V・プレミアリーグ女子宮崎大会】
 バレーボール2015/16V・プレミアリーグ女子の第9週のうち、半分が1月9日に延岡市、10日に宮崎市で開催された。宮崎に来たのは首位の久光製薬と3位の日立、最下位争いをしているトヨタ車体と上尾の4チームだった。結果は以下の通り。トヨタ車体が日立を降したのが波乱だった。
≪1日目≫
久光製薬 3-0(25-21、25-22、25-20) トヨタ車体、日立 3-0(25-6、25-18、25-9) 上尾
≪2日目≫
久光製薬 3-0(26-24、25-21、25-19) 上尾、トヨタ車体 3-1(21-25、25-18、25-15、25-14) 日立
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2902-58e30270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。