照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

平成28年大相撲名古屋場所、郷土力士の成績
 大相撲名古屋場所が7月10日から24日まで愛知県体育会館で行われた。

 8場所ぶりに十両に復帰した琴恵光。過去2回は5勝と4勝しかできなかったものの、今場所は9勝6敗。宮崎県出身力士としては1987年初場所、西十両11枚目で8勝7敗だった金城(高鍋町出身の元・関脇、栃光)以来の勝ち越しとなった。
 過去の戦績がパッとしなかっただけに、自分の予想は「6勝もすれば御の字」。良い意味で外れたことになる。星の並びを見ると、連敗が1回しかなかった(2日目と3日目)。中日までが4勝4敗で、9日目以降が5勝2敗。後半になって、調子を上げた格好だ。
 成績が良くなった理由は2つ。1つ目は「体重増」。身体の厚みが増して、力も上がった。2つ目は「勝利の形」。小兵な身体を活かして、相手の懐に入り、突き押しで攻めるパターンが多かった。他にも立ち合いの変化など、なりふり構わぬ相撲も見られた。
 ただ、やはり体格とパワーで劣るだけに立ち合い負けしたり、大きな幕内経験者を後退させられないこともあった。今の実力で十両に定着できるかどうかは、はっきりしない。秋場所の番付は、ネットでは十両の10枚目あたりと予想されている。

 幕下の萬華城は、4連勝もあって5勝2敗と勝ち越した。三段目は、勝ち越したのは松葉山だけで、他の3人は2勝以下という有様だった。ただ、序二段に陥落する力士はいないと思われる。玉信力は、序二段上位では通用しないだけに、今場所も全敗を免れるのがやっとだった。
 今場所は休場が3人もいた。序二段の吉本は腰椎分離症で大事を取った(来場所は出場?)。ルーキーながら序ノ口で大勝ちしていた琴熊添も、まさかの全休(原因は不明)。先場所でデビューしたばかりの竹内は中盤に一番だけ相撲を取って、番付外を回避した。
 膝の大怪我で休んでいた末川は5勝の好成績を残した。

【秋場所の番付予想】
十両(1人):琴恵光
幕下(1人):萬華城
三段目(4人):松葉山、春日国、勇輝、二十城
序二段(4人):末川、玉信力、琴熊添、吉本
序ノ口(1人):竹内

【参照サイト】
七月場所番付(日本相撲協会)宮崎県出身力士一覧(日本相撲協会)行司一覧(日本相撲協会)
 
≪十両≫東西1~14
☆琴恵光(東14、延岡・佐渡ヶ嶽) ○●●○●○●○○●○○○●○(9勝6敗)

≪幕下≫東西1~60
☆萬華城(西38、宮崎・春日山) ○●●○○○○(5勝2敗)

≪三段目≫東西1~100
★春日国(東10、小林・春日山) ●●●●●○●(1勝6敗)
☆松葉山(西23、日向・春日山) ●○○●○●○(4勝3敗)
★勇輝(西28、宮崎・陸奥) ○●●○●●●(2勝5敗)
★二十城(西71、都城・山響) ○○●●●●●(2勝5敗)

≪序二段≫東西1~104
★琴熊添(東34、小林・佐渡ヶ嶽) ややややややや(7休)
★玉信力(東40、宮崎・片男波) ●●●●●●○(1勝6敗)
★吉本(東48、延岡・東関) ややややややや(7休)

≪序ノ口≫東西1~31
☆末川(東24、えびの・阿武松) ○●○●○○○(5勝2敗)
★竹内(西27、宮崎・陸奥) ややや○■やや(1勝1敗5休)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2936-59498d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)