照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

第20回JFL、後半戦がスタート
【第16節】
 JFLは後半戦に入った。今回の試合は、開幕節と同じカードである。というわけで、宮崎県勢はともにアウェーでの試合だった。
 ホンダロックSCは青森でラインメール青森と対戦。前半に佐々木がペナルティーエリアで倒されて得たPKを自ら決めて先制。この1点を守り切って、幸先よく勝利した。
 テゲバジャーロ宮崎は大分でヴェルスパ大分と対戦。前半に先制するも、後半に逆転されてしまう。試合は3分のアディショナルタイムに入り、このまま敗戦かと思われたものの、途中交代の橋口が同点ゴールを決めて、勝ち点1を得た。
 順位はロックが4位で、テゲバが8位。3位から11位までの勝ち点が8しかないので、混戦模様だ。

【参考サイト】
日本フットボールリーグ
 
【第15節】
 宮崎県勢はともにホームゲーム。まずは土曜に、ホンダロックSCが延岡でヴェルスパ大分と対戦し、0-2で敗れた。ロックは今シーズン初の連敗。日曜に生目でMIOびわこ滋賀と対戦したテゲバジャーロ宮崎は、前半の失点が響いて0-1で敗戦。リーグ戦では2ヶ月ぶりの黒星となってしまった。
 さて、JFLは前半戦が終わった。ロックは6勝5分4敗の勝ち点23で5位、テゲバは5勝5分5敗の勝ち点20で8位。上位争いに絡んでいけるだろうか。

【第14節】
 ホンダロックSCはホームで東京武蔵野シティFCと対戦。後半に追いついたものの、90分に失点して1-2で敗れた。テゲバジャーロ宮崎はアウェーでソニー仙台FCと引きわけた。

【第13節】
 テゲバジャーロ宮崎は、ホームで首位のHonda FCと対戦した。テゲバジャーロは後半12分に水永のゴールで先制するも、アディショナルタイムに失点してドロー決着。Honda FCからの初勝利を逃した。アウェーでヴィアティン三重と対戦したホンダロックSCは、2-1で競り勝った。
 順位はホンダロックSCが4位で、テゲバジャーロ宮崎が6位。リーグ戦を追うごとに順位を上げている。

【第12節】
 3位のホンダロックSCは、5位ながら戦績(5勝5分1敗)と勝ち点(21)が同じFC今治と生目で対戦した。ロックは前半18分に安藤が相手DFからボールを奪って先制点を挙げるも、そこから2失点して前半を折り返し、後半開始直後にも失点してしまう。後半37分にセットプレーから得点して1点差に迫ったものの、そこから得点できず、第2節以来の2敗目を喫してしまった。
 アウェーでFC大阪と対戦したテゲバジャーロ宮崎は、終盤の得点で3連勝。7位に順位を上げている。

【第11節】
 テゲバジャーロ宮崎は木花で奈良クラブと対戦して、3-0で快勝。ホンダロックSCはアウェーで松江シティFCに6-1で大勝した。

【第10節】
 ホンダロックSCは小林でFCマルヤス岡崎と対戦。前半に2点を失ったものの、後半の30分から2点を奪い返して同点に持ち込んだ。アウェーで流経大ドラゴンズ龍ヶ崎と対戦したテゲバジャーロ宮崎は早い時間から得点を重ねて、4-2で勝った。

【第9節】
 宮崎県勢はともにドロー決着。テゲバジャーロ宮崎はホームでラインメールと1-1、ホンダロックSCはアウェーで鈴鹿アンリミテッドと0-0だった。

【第8節】
 リーグ最初の宮崎対決。前週の天皇杯とは打って変わって、風雨が吹き荒れる悪天候で行われた。試合は前半30分、スローインからの崩しでホンダロックSCが先制。後半はテゲバジャーロ宮崎の攻勢になり、13分に同点に。その後もテゲバが攻めまくったものの、ロックのゴールをこじ開けられず、1-1のドローで終わった。

【第7節】
 令和最初の、そして大型連休に行われた第7節。テゲバジャーロ宮崎は生目で横河武蔵野FCと対戦。前半を0-2で折り返し、そこから3点を取り返すも、2点を失って3-4で敗れた。この時点での戦績は2勝1分4敗。一方、アウェーでMIOびわこ滋賀と対戦したホンダロックSCは3-0で快勝。こちらは4勝2分1敗。

【第6節】
 ホームでソニー仙台FCと対戦したホンダロックSCは1-2で逆転勝ち。アウェーでヴィアティン三重と対戦したテゲバジャーロ宮崎も1-0で勝った。

【第5節】
 ホンダロックSCはアウェーで、昨季王者のHonda FCと対戦。前半と後半に1点ずつをあげて、2-0で勝利した。ロックがHonda FCに勝つのは、2014年10月以来、4年半ぶり。それほどにHonda FCを苦手としていたので、この勝利は格別だろう。
 テゲバジャーロ宮崎はホームでFC今治に力負け。後半にPKで先制を許すと、その後は今治ペースになり、さらに1点を失った。戦績と集客、両方でJ3は遠いものになっている。

【第4節】
 ホーム開催だったのはホンダロックSC。生目でFC大阪を迎え撃った。試合は開始27秒でロックが先制を許すも、前半に追いついて1-1で折り返す。後半はFC大阪に押され気味で、あわや失点のシーンが2回あったものの、引き分けに持ち込んだ。
 テゲバジャーロ宮崎は、アウェーで昇格組の松江シティFCと対戦し、スコアレスドローに終わった。

【第3節】
 開幕から3試合目で宮崎県の2チームが初勝利を飾った。
 テゲバジャーロ宮崎はホームでFCマルヤス岡崎と対戦。テゲバは3-6-1だったようだ。試合は前後半に1点ずつを取って、2-0で勝利した。
 一方のホンダロックSCは今季初のアウェーゲームで奈良クラブと対戦。試合終盤の得点で勝利をつかんだ。

【第2節】
 開幕戦をラインメール青森と引き分けたホンダロックSCは、2戦目も宮崎県内での試合となった。相手は昨年15位の流経大ドラゴンズ龍ヶ崎。ロックは14位だったから、勝ち点3を奪いたい相手だ。試合は前半を2-1で折り返すも、後半早々に追いつかれ、終盤に痛恨のPKを与えてしまい2-3で敗れた。
 テゲバジャーロ宮崎は、アウェーで昇格組の鈴鹿アンリミテッドFCと対戦。前半を0-2で折り返し、後半の8分にDF奥田のゴールで1点を返すも、その奥田が2枚の警告を受けて退場。さらに2点を失っての大敗となった。ちなみに、開幕戦を0-1、次戦を1-4で敗れて最下位というのは昨季とまったく同じだ。テゲバジャーロはファウルが多いのも気になる。

【第1節】
 第20回日本フットボールリーグ(JFL)が3月17日に開幕した。昨季と違い、今季は1シーズンを通しての成績で争われる。個人的な注目は優勝争いよりも、5つある百年構想クラブが4位以内に入れるかどうかだ。
 百年構想クラブに認定されたばかりのテゲバジャーロ宮崎は、生目の杜運動公園陸上競技場でヴェルスパ大分を迎え撃った。昨季は勝てなかった相手である。テゲバジャーロの先発メンバーのうち新加入は4人で、DFには3人をそろえた。システムは4-4-2か。試合はテゲバジャーロがシュート数で上回ったものの、後半に失点して0-1で敗れた。
 昨季は14位に終わったホンダロックSCは、小林総合運動公園陸上競技場での試合。相手は百年構想クラブのラインメール青森で、昨季は負けなしだから相性は良いかも? 試合は前半に先制を許したものの、終盤に追いついて1-1で引き分けた。
 他の結果を見ると、三度目の正直でJ3に行きたいFC今治はFC大阪とドロー。前回王者のHonda FCは、初昇格の松江シティFCとドロー。テゲバジャーロ出身者では、東京武蔵野シティFCに移籍した澤野が先発出場した。
 次節は、ホンダロックSCが23日に木花で流経大ドラゴンズ龍ヶ崎、テゲバジャーロが24日にアウェーで鈴鹿アンリミテッドと対戦する。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2977-e72ac28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)