照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

第20回JFL、宮崎開催の観客数(第15節)
 第20回日本フットボールリーグ(JFL)に宮崎県の2チームが参戦している。この記事は、両チームのホームゲームでの観客数を記していく。ただし、この主催者が発表する観客数は「観客席にいる人の数」や「チケット購入者の数」と同一ではないと自分は考えている。

【第15節】
 同じ節に宮崎県内で2つのゲームが開催されるのは、開幕節以来。ただし、今回はホンダロックSCが土曜に延岡、テゲバジャーロ宮崎が日曜に生目という具合に、日程がかぶるものではなかった。
 ロックのほうの入場者数は248人。相手が隣県のヴェルスパ大分なので延岡開催だったのかもしれないが、やはり集客は厳しいものがあったようだ。
 日曜のテゲバは514人で、今シーズンで最も少ない。天気には恵まれなかったが、この日は朝からほとんど降っていなかったはず。土日は宮崎市の中心市街地で「まつり えれこっちゃみやざき」が開催されていたので、これがどう影響していたか。自分はイオンにいたのだが、いつもの土日よりも人が多かった気がする。

【テゲバジャーロ宮崎】
3月17日(日、晴、生目、vsV大分) 1,637人
3月31日(日、晴、木花、vs岡崎) 801人
4月14日(日、曇のち雨、木花、vs今治) 844人
5月5日(日、晴、生目、vs武蔵野) 1,064人
6月1日(土、曇、生目、vs青森) 1,976人
6月16日(日、晴、木花、vs奈良) 741人
6月29日(土、曇のち雨、生目、vsHonda) 877人
7月14日(日、曇時々雨、生目、vs滋賀) 514人

【ホンダロックSC】
3月17日(日、晴、小林、vsV大分) 319人
3月23日(土、晴、木花、vs流経大) 168人
4月7日(日、晴、生目、vs大阪) 402人
4月27日(土、晴、都農、vsソニー) 282人
5月19日(日、雨、生目、vs宮崎) 837人
6月9日(日、曇、小林、vs岡崎) 374人
6月23日(日、曇、生目、vs今治) 457人
7月7日(日、晴、木花、vs武蔵野) 368人
7月13日(土、曇時々雨、延岡、vsV大分) 248人

【参考サイト】
日本フットボールリーグ
 
【第14節】
 七夕にホンダロックSCがホームゲームを開催。相手は東京武蔵野シティFCで、入場者数は368人。やはり、木花は集客が悪い。

【第13節】
 テゲバジャーロ宮崎にとって、生目では4回目のホームゲーム。これまでは千人越えの試合が続いていたものの、ついに877人で千人を割った。悪天候の影響が大きかっただろうか。ただ、木花で開催するときよりはまだ多かったりする。

【第12節】
 ホンダロックSCにとっては生目で3回目のホームゲーム。この日は457人の発表だった。スタンドはホーム側と真ん中が満員で、アウェー側が4割の入りに見えた。これまでにホームゲームを7試合行っているが、入場者数のベスト3はいずれも生目開催になっている。
生目のスタンド

【第11節】
 テゲバジャーロの奈良クラブ戦は、天気に恵まれたものの千人を割ってしまった。これまでにホームゲームを6回行ってはっきりしているのは、「生目だと千人超え」「木花だと千人未満」ということ。原因はアクセス面などだろうか。

【第10節】
 ホンダロックの開幕戦に次ぐ小林開催は、前回を少し上回る374人だった。

【第9節】
 テゲバジャーロのホームゲームとしては今季初の土曜開催。スポンサーのマッチデーとしてイベントを実施し、ローカルヒーローのショーも行われた効果か、今季最多の1,976人を動員して、2千人に迫った。天気にも恵まれたが、土曜日というのも良かったのかもしれない。試合以外の仕掛けの重要性も表れたと言える。

【第8節】
 リーグ戦では今季最初の宮崎対決。集客が期待されたものの、土砂降りの雨と強い風が吹きつける悪天候となってしまった(フェリーや飛行機が運休になるほどの荒天)。837人はよく集まったと言えるが、好天なら1,000人は超えたはず(2,000人は厳しい)。ホンダロックSCのホームゲームで集客が一番期待できた試合だっただけに、残念としか言いようがない。
 試合中も酷い天気だったため、前半終了後に帰る人たちがいて、後半は目に見えてスタンドの観客が減っていた。 メディアは多く、テレビ3局が翌日夕方のニュースで試合の様子を伝えていた。
前半その4 観客席の前でテゲバ

【第7節】
 テゲバジャーロの4回目のホームゲーム。2回目の生目開催で、開幕戦と同じように1,000人を超えた。木花よりは生目のほうが集まるのかどうかは、サンプルが増えてからの判断になる。開幕戦の数字に達していないのは、マス・プロモーションが足りないからだろう。

【第6節】
 都農町でのJFL開催は、今シーズンはここだけ。カードはホンダロックSCとソニー仙台FC。土曜日ということもあってか、さすがに客入りは厳しかった。

【第5節】
 テゲバジャーロの3回目のホームゲームは前節と同じような人数に終わった。プロモーションの状況も会場も同じ。違ったのは対戦相手と天気ぐらいか。前年よりは増えているが、このままだと1,000人を超えることはあまりないだろう。

【第4節】
 ホンダロックSCが3試合目のホームゲーム。生目での開催は2017年5月21日以来、約2年ぶりだった。
 この日の宮崎は20度を上回る陽気で、天気は晴れ。会場の生目の杜運動公園ではあちこちでソメイヨシノが咲いていた。
 402人の発表は「少ない」と思われるかもしれないが、ロックの試合としてはよく入っていた印象。スタンドの正面部分(西日が当たらない場所)は満員、ホーム側が半分ほどの入り、アウェー側がまばらだった。
生目のスタンド 生目の桜

【第3節】
 テゲバジャーロのホーム2戦目は801人で、開幕戦より半減した。ちなみに当日は晴天だったものの肌寒く、冷たい風が吹いていた。
 半減した原因は何か? 開幕戦とは違い、マスメディアによるプロモーションがほとんどなかったことが影響しているとは思う。原因を検討しないといけないだろう。
 木曜の昼には商業集積や駅で選手がチラシ配りをしたそうだ。イオンモール宮崎や宮交シティなら、場所としては申し分ないと思う。気になるのは、チラシの内容と、ターゲッティングを行っていたのかどうか。
 半減したとはいえ、昨シーズンの最多だった試合よりはまだ多い。悲観はしなくてよいと思う。

【第2節】
 ホンダロックSCが前節につづいての宮崎開催。会場は木花。土曜日だったからか、相手が大学チームだからか、観客数の発表は168人だった。スタンドの客入りは二桁だったということか?
 これは、過去に宮崎県内で開催されたJFLでは最低の数字なのでは。もしかして、プロフェソール宮崎よりも少ない? 気になって、2002年のプロフェソールの観客数を調べたら230~618人だった。ということは、たぶん最低だろう。
 ホンダロックSCは企業チームだけに、テゲバジャーロのように観客数はそれほど気にしなくてよいのかもしれない。ただ、一番のサポーターである従業員がどれだけサッカー部を応援しているのだろうか、とは思う。

【第1節】
 県内で同時刻に2試合が行われた。風が強かったものの、空は晴れて、天候には恵まれた。
 ホンダロックSCは昨季も開幕戦がホーム開催だった。そのときは都農で386人だったから、宮崎市から遠い小林で319人というのはどっこいどっこいに思える。もっとも13年前、同じ小林でホーム初戦を行ったときは、相手がHonda FCだったこともあって1,326人を集めていたのだが。
 テゲバジャーロ宮崎は、試合の結果よりも観客数のほうが注目を集めていたかもしれない。結果は1,637人。昨季の初戦が延岡で675人であり、1,000人を超えた試合がシーズンを通して1つもなかったことを考えれば“成功”と言ってよいのではないだろうか。自分は会場に行っていないので、どういう人たちがいたかはわからないが、テレビやラジオを使ったプロモーションの効果が大きかったのかもしれない。芝生席はまだ空きがだいぶあったし、J3参入条件の「平均2,000人」という数字を考えれば物足りないだろうが、発足してからずっと客入りが悪かったクラブである。十分だろう。
 難しいのはこれから。bjリーグにいた宮崎シャイニングサンズもそうだったように、シーズンが進むごとにマスメディアの報道は尻すぼみになっていくことが予想される。それに合わせて客足が落ちるかもしれない。次節の会場である木花はグルメ関係が厳しいし、キャパが広がるから空席がより目立つ。プロモーションと会場づくりをどうするか。
 今回は、会場に足を運んだ人による試合前後のSNS発信も多かった。これもプロモーションの一助になる。お客さんがたくさんいることはメリットだらけなのだ。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/2978-0eb22a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)