照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

映画『GOAL!』『トム・ヤム・クン!』
 6月1日、映画の日。セントラルシネマでスポーツとアクションの映画を2本観てきた。サッカーの『GOAL!』、ムエタイの『トム・ヤム・クン!』だ。
 
GOAL! ~STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い~
 メキシコ系不法移民の青年がサッカーの才能を見出され、イングランドのプレミアリーグでデビューするまでのストーリー。『GOAL!』は3部作で、2部はUEFAチャンピオンズリーグ、3部はワールドカップが舞台となる。
 感想は「GOOD!」。期待通りで満足できる創りだった。スポ根ではなく、シンデレラ・ストーリーなんだけど、主人公にはこれでもかこれでもかと次々に困難や苦悩が立ちはだかる。自身の力よりも人の助けでクリアしていくことが多いとはいえ、展開に飽きることはない。キャラはいい人ばかり。心根から悪い奴はいない。個人的にはスターだけどダメ男のガバンが気に入った。
 試合のシーンは少ない。でも、自分はあまり気にならなかった。ニューイングランド・カッスルというチームのスタジアム、チームのある街の美しさ、チームを取り巻く雰囲気が良かった。試合にはジェラードやシアラーといった有名プレイヤーが出てくる。ベッカムやジダンはパーティーでいきなり出てくる(サッカーはしない)。
 一番ジーンと来たのは家族愛。これが最後に涙を誘う。上手いなぁと思った。というわけで、観たいと思ってる人は迷わずどうぞ。試合にレガースを忘れた人はダンボールを使おう(笑)

トム・ヤム・クン!
 タイのムエタイ・アクションムービー。前作の『マッハ!』は公開初日に川崎の映画館に行って、主演のトニー・ジャーの身体能力と技、敵の皆さんのやられっぷり、そして製作者たちの熱いパワーに度肝を抜かれた(あと、ヒロインがかわいかったな)。今回は奪われた象の親子をオーストラリアまで取り返しに行くというのも。主人公はすぐに「象を返せ!」と言う。
 アクションの凄さは変わらず。人間が高さ4メートルほどの街頭を蹴り割るんですよ、凄いですよ。1vs1の勝負はカポエラ使い、プロレスラー(ネイサン・ジョーンズ)、怪力男など。実戦的なカポエラというのは初めて見た。ネイサン・ジョーンズは2mの筋骨隆々な男で、迫力の動きを見せまくる。登場キャラの技は、格闘ゲームっぽいのがけっこう多い。
 創り手の見せ所は、主人公が敵を倒しながら建物を上っていくシーン。ノーカットの一発撮り、カメラ1台で5分ほど主人公を追っていく。これもアングルがゲームっぽいけど、「よくやるなぁ」と驚かされる。
 ただ、自分の満足度はいまひとつ。ストーリーが良くないし、展開もいまひとつでのめり込めなかった。どこか冷静になりながら観ていた。最後は1vs1の決闘であってほしかったし。この満足度の落ち方はブルース・リャン&倉田保昭の『帰ってきたドラゴン』→『ドラゴン 世界を征く!』に通じるものがある。後者がローマロケなんだよね。ちなみに、『帰ってきたドラゴン』は功夫映画史上に残る大傑作。観るべし!

【次は何を観る?】
 自分が鑑賞を計画しているスポーツ&アクションムービーは?
ULTRA VIOLET
 主演はミラ・ジョヴォヴィッチ、監督は『リベリオン』のカート・ウィマー。『リベリオン』で史上最強の格闘術“GUN=KATA”に痺れた自分としては、観に行かないわけにはいかない。
雪に願うこと
 ばんえい競馬の映画。自分は北見、岩見沢、帯広でばんえいを観た。いいよ~、ばんえいは。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/316-7383b870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)