照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

佐川印刷SCが城南一和に勝利
 Honda FC、佐川印刷SC、ホンダロックSC、ロッソ熊本――今年のJFLに参戦するチームが、宮崎でトレーニングマッチや強化合宿を行っている(ロッソは試合のみ)。25日、昨年11位の佐川印刷SCが城南一和(韓国Kリーグ)と国際海浜エントランスプラザで練習試合を行った。

佐川印刷SC 1 - 0 城南一和
 (前半0-0、後半1-0)
佐川印刷vs城南一和

 
前半:城南一和が攻勢

 試合は45分ハーフ。自分が到着したときはすでに30分近く経過していた(自分のミス)。
 佐川印刷SCのシステムは4-4-2。4バックは左から3番・小林靖典、20番・松岡真吾、2番・山本健二、16番・木村卓也。2トップは左が11番・町中大輔、右が8番・石田英之。中盤は10番・村尾雅人、9番・大槻紘士、22番・高橋弘章、7番・東純一郎。キーパーは31番、新加入だろうか? これが先発メンバー。後半に3人を代えた(投入したのは新加入の選手)。対する城南一和は外国人選手(ブラジル?)が2人いる。
 攻めているのは城南一和。佐川印刷はなかなか相手エンドに行けない。フリーキック(FK)、コーナーキック(CK)といったセットプレーを堪えている。城南一和はパスがまわっているし、プレッシャーが速い。個人技のある外国人選手2人が中心になって攻めている。
 後ろの時間になって、佐川印刷の攻撃が見れるようになってきた。左からのクロスにヘッドはゴールの外。ペナルティーエリアで9番→8番、9番→8番→7番とパスをまわすもシュートは打てず。右サイドからもチャンスを作ろうとするけど、これもシュートには至らない。22番が中盤で相手ボールをカット、ドリブルしてからのパスで8番がシュートを打つも弱かった。前半は0-0で終了。


後半:佐川印刷の猛攻

 後半のキックオフ、佐川印刷のメンバーは変わっていない。城南一和は外国人選手を1人下げた。
 流れは後半に入って五分五分、もしくは佐川印刷。佐川印刷の攻めるシーンが多くなってきた。ショートコーナーから7番がゴール前にボールを上げて、ディフェンスの20番がヘッド! 入らなかったけど、これは惜しかった。20番は守備でも空中戦での強さを見せていた。
 途中でフォワードの8番が下がり、新加入の28番・森前健が入ってきた。長身……というかデカイ。サイズが一回り大きい。あと、自分が気付かないうちに7番が下がって、25番・小寺一生が入っていた。
 チャンスはつづく。左ディフェンスが上がってからのグラウンダー。これも惜しくも合わない。7番が下がる前には、9番がドリブルで持ち込んで右の7番に流してシュートというシーンもあった。惜しかったのは、9番が守備が手薄のゴール前にロングボールを上げたとき。11番がヘッドで合わして枠に入るも、キーパーにはじかれた。「決定力はないのかな?」、そう考えるようになった。ゴールまでのスペースが空いたのに、11番のシュートが弱かったという場面もあったし。
 佐川印刷が3人目の交代。フォワードの11番が下がって、26番の福島悟が入る。終盤40分ごろのCK。ポーンと上がったボールを28番・森前がヘッド! これがネットを揺らして佐川印刷が1点を先制した。城南一和の選手はいらだちを隠せない。このまま1-0で後半は終了した。
佐川印刷の守備


佐川印刷SCについての感想

 佐川印刷は練習試合が終わってからもグランドに残って練習していた。
 さて、自分は佐川印刷SCを見るのは初めてだった。感想としては、守り重視のチームかなと。システムは4バックに2トップ。守るときはペナルティーエリアを固めていた。相手に優れた個人技を持つフォワードがいればディフェンスを抜いて……というシーンは多く見られたけど。
 攻撃については9番の大槻が要注意。大槻のパスからシュートという場面が多かった。フォワードについては、この試合に関しては決定力はそれほどでもないと思った。
 ホンダロックSCと佐川印刷SCが試合をするのは6月と10月。

ホンダロックSC vs 佐川印刷SC (6月4日・13:00、小林総合運動公園市営陸上競技場)
佐川印刷SC vs ホンダロックSC (10月15日・13:00、山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場)
佐川印刷の練習
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teruspo.blog48.fc2.com/tb.php/60-c466b881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)