照屋の宮崎スポーツblog(略称:てるスポ)
宮崎市在住のフリーライター・照屋による、宮崎県のスポーツサイト。自分の本音を添えて、リアルに伝えます。
プロフィール

照屋もりよし

Author:照屋もりよし
宮崎市在住のフリーライター。高校までサッカー、10年前までムエタイをやっていた。最近は四股50回が日課。

メール&ストックフォト

メールフォーム
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

since 2006.1.28

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

記事を読んだらクリック♪

スポンサー&サポーター

なかまち薬局
詳しくはクリック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

CalendArchive

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

宮崎ゴールデンゴールズが活動休止
 社会人硬式野球の「宮崎ゴールデンゴールズ(以下、宮崎GG)」が1月31日付で活動を休止した。おそらく、クラブからの公式発表はないはず。自分は日本野球連盟のサイトをたまたま見て、先ほど知った。Wikipediaも更新されている。

 宮崎GGのスタートは華々しいものだった。きっかけは、コメディアンの萩本欽一氏が監督を務めていた「茨城ゴールデンゴールズ(以下、茨城GG)」。この茨城GGが2005年に宮崎で試合を行ったのがきっかけで、姉妹チーム設立の構想が持ち上がった。当時は茨城GGがメディアに登場する機会が多く、一般への知名度も高かったと記憶している。それだけに、宮崎での姉妹チーム誕生への期待も高かったように思う。宮崎県は社会人硬式野球の空白県だったが、これに触発されたのか、宮崎GG以外にも梅田学園の野球部が発足した(他にもクラブチーム設立の動きがあったものの、頓挫したと記憶している)。
 クラブの設立に奔走したのが、広島東洋カープの元選手であり、宮崎市内で飲食店を経営する片岡光宏氏だった。茨城GGの支援はほとんどなかったはず。ただ、多くのスタッフと選手が集まり、クラブは歩みを始める。有料の交流戦は多くの観客でにぎわい、2006年にはNPOの認証も得た。
 しかし、所属選手の流動が激しく、社会人の硬式野球をめぐる環境の厳しさもあり、活動はじょじょに尻すぼみしていく。近年は公式サイトやSNSがストップして、活動の実態もわからずじまい。2年前には、宮崎GGの元監督らによる「宮崎灼熱フェニックス」という別のクラブが発足していた。

 宮崎GGの掲げていた「宮崎夢球団」という理念は素晴らしく思えたし、片岡氏の情熱と苦労は相当なものだった。ただ、自分も含めて、宮崎GGに関わった人たちは夢を見すぎていたのではないかと思う(別の言い方をすれば、「見通しが甘かった」)。日本は野球大国とはいえ、「観るスポーツ」として世間一般に注目されるのはプロ野球と高校野球ぐらい。社会人野球は企業チーム優位の世界で、お金もかかるし、ホームゲーム開催の機会はほぼない。「地域活性化」のツールとしては厳しいものがある。茨城GGを一般メディアで目にする機会はなくなったし、雨後の筍のように誕生したクラブもどれだけが順調に運営できているのだろうか。

 宮崎GGについては、宮崎県NPOポータルサイトに情報があり、内閣府NPOにも情報が移されている。2016年の活動計算書や貸借対照表などを見て、自分は驚いた。「資産規模が30万円」「固定資産は1円の車両運搬具のみ」「経常収支が約16万円の赤字」とか。これでは厳しい……。

 宮崎GGの休止により、宮崎県内の社会人硬式野球チームは企業登録の「宮崎梅田学園」と「宮崎福祉医療カレッジ」、クラブ登録である「宮崎灼熱フェニックス」の3チームになった。

 宮崎GGの発足後から、自分は片岡さんに大変お世話になりました(気になる人は、過去の記事を)。片岡さんの描いていた絵とは違うものになってしまったと思いますが、「野球で恩返しを」という思いが多くの人に与えたものは計り知れないはずです。ありがとうございました。また、野辺くんと一緒に、お店にうかがいます。
第21回JFLの日程をチェック
 第21回日本フットボールリーグ(JFL)が開幕する3月17日まで、残り10日を切ろうとしている。今シーズンのJFLは1ステージ制で、期間は12月1日まで。
 宮崎県からは、テゲバジャーロ宮崎とホンダロックSCの2チームが参戦する。全30節のうち、県内での開催がないのは2節だけ。うまい具合に、両チームのホーム戦が交互に開催される。ホーム戦の日程がかぶるのは開幕戦だけで、第15節は土曜がロック、日曜がテゲバという具合になっている。
 両チームの会場を見てみると、次の通り(生目と木花は宮崎市)。

テゲバジャーロ宮崎:生目8、木花6、延岡1
ホンダロックSC:生目4、木花4、延岡2、小林3、都農1、串間1

 ちなみに、昨年は次の通り。

テゲバジャーロ宮崎:木花3、延岡4、小林2、都農5、串間1
ホンダロックSC:木花2、延岡3、小林2、都農7、串間1

 昨年は生目の杜運動公園陸上競技場が使えず、木花の宮崎県総合運動公園陸上競技場も優先順位の問題でなかなか使えず、宮崎市での開催は両チーム合わせて5試合にとどまった。ところが、今年は22試合に増加。その一方で、12試合もあった都農開催は1試合だけになっている。
 チーム別に見ると、テゲバジャーロ宮崎は宮崎市に集中しており、宮崎市以外は延岡での1試合だけ。百年構想クラブとして、宮崎市と(北隣にある)新富町をホームタウンにしているからだろう。ホンダロックSCは県内各地に分散している。生目での開催が4試合のみ、というのは意外だ。
 両チームが対戦する「宮崎ダービー」は、2試合とも生目開催。5月19日にロックのホーム、8月25日にテゲバのホームで行われる。
テゲバジャーロ宮崎がイオンモール宮崎でイベント開催
 第21回日本フットボールリーグ(JFL)の開幕を2週間後に控えた3月2日(土)、テゲバジャーロ宮崎が一般向けのキックオフイベントを開催した。
 会場はイオンモール宮崎。宮崎県で最大の商業集積であり、もっとも人が集まる場所のひとつだ。ここでは毎週のようにさまざまなイベントが開催されている。地元のスポーツチームが単独でイベントを行うのは初めてではないだろうか。集客が課題のテゲバジャーロにとって、プロモーションを行うには打ってつけの場所と言える。
 イベントは、14時から90分ほど。ステージ上に選手たちが登壇し、挨拶をしたり、持ちネタを披露したりした。会場の様子は画像を見てほしい。ステージ前の椅子席に座っていたのは、タオルマフラーを身につけた人など、もともとのファンが多かったように見えた。
 1階と2階では、足を止める人たちが多かった。「サッカー選手だ」と駆け寄る子供や、スマフォをいじりながら目を向ける10代の女の子たちなど。自分はステージ上に五感を向けることはあまりなく、こういう人たちの反応や様子ばかりを観察していた。
 足を止める人にスタッフがビラを配っていたが、あまり積極的には見えなかった。言い方は悪いが「獲物を逃がしまくり」。イベントが終わった後には選手たちもビラを配り始めたが、人がまばらになってからでは効果は薄い。自分ならば、選手を2グループに分けて、片方のグループがステージに立っている間に、もう片方のグループにビラ配りをやってもらうようにしただろう(許可があれば2階でも)。イベント中に足を止めた人こそターゲットで、その全員に配りたいし、ユニフォーム姿の選手から受け取った方が訴えるものがあると思うから。あとは、開幕戦限定の割引券も配布する。そして、開幕戦でどれだけ回収できるかで、今回のイベントの効果を検証する。
 プロモーションを行うのなら、最大限の効果を狙うべきだと思う。せっかくの機会と場所が、もったいなく思えた。
テゲバジャーロのイベント テゲバジャーロのラインダンス

平成最後の大相撲春場所、郷土勢の新番付
 3月10日に大阪で始まる大相撲春場所の新番付が2月25日に発表された。宮崎県出身力士の番付を見るとともに、先場所を振り返ってみたい。

 郷土勢唯一の関取である琴恵光は幕内の東15枚目。先場所は7勝8敗だったもの、同じ番付に据え置かれた。幕内は今回で3場所目。最初が昨年の七月場所で3勝12敗、2回目の先場所が千秋楽での負け越しだから、ずいぶんと前進したと言える。それだけに、今場所は勝ち越しへの期待がかかる。
 懸念材料はやはり立会いか。小兵力士、かつ馬力があるタイプでないので、どうしても立会いで後れを取ってしまう。中継で解説者が指摘していたのが、頭で行かず、胸で当たること。千秋楽は上体がのけぞる形になっていた。似たような指摘を受けていたのが、琴恵光の一枚上にいる豊ノ島。若いときは「相撲が大きい」だの言われていたが、上位で活躍するまでになった。ただ、琴恵光に関しては、頭で当たる立会いに直すべきだと思う……。

 幕下は、東60枚目の勇輝だけ。勇輝は昨年の九州場所において、幕下で初めて勝ち越した(4勝3敗)。初挑戦から9回目、足掛け4年での達成だった。先場所は負け越したものの、3勝4敗だったので、なんとか踏みとどまれた。
 三段目は2人。21歳の琴砲は西10枚目の自己最高位で、幕下を目指す。現役19年のベテラン、春日国は西43枚目。幕下から落ちて3年以上が経つが、まだまだやれそうに思える。
 序二段は4人で、うち3人が三段目を狙える位置にいる。
テゲバジャーロ宮崎が「Jリーグ百年構想クラブ」に
 Jリーグの理事会が2月19日に開催され、日本フットボールリーグ(JFL)に所属する2クラブ、ラインメール青森とテゲバジャーロ宮崎が「Jリーグ百年構想クラブ」に認定された。
 Jリーグ入りを目指すクラブがJリーグ3部(J3)への参入を果たすには、まずはJリーグ百年構想クラブに認定される必要がある。本日の時点で百年構想クラブは7クラブあり、うち5クラブがJFLに所属している。百年構想クラブはさらに、J3のクラブライセンスを取得しないといけない。そのうえで、JFLで4位以内(百年構想クラブで2位以内)や2000人以上の平均観客数といった条件をクリアする必要がある。
 当然のことながら、宮崎県のクラブが百年構想クラブになるのは初めて。テゲバジャーロ宮崎はようやく、Jリーグ入りに向けたスタート台に立てたと言える。

 今から4年前の、テゲバジャーロ宮崎が発足した時。自分が柳田和洋代表にインタビューした記事を掲載したが、そのときに百年構想クラブ入りについて、20にも及ぶ条件について聞いている。自分がつねに気にしていたのは、競技での成績面もさることながら、運営部門の進捗状況であり、目に見える形として、百年構想クラブ入りであったり、観客動員数であったりした。
 なぜか? 過去のクラブが運営面でダメダメだったからだ。プロフェソール宮崎しかり、エストレーラ宮崎しかり、宮崎シャイニングサンズしかり……。競技と運営、両方がしっかりしないと先には進めないし、生き残りもできない。J.FC MIYAZAKIもそうだが、Jリーグ入りを声高に叫ぶくせに、百年構想クラブの申請をしたかどうかすら報告しない姿勢は、腹立たしく思えた。
 しかし、テゲバジャーロ宮崎は昨年11月にようやく、初めて申請。そして、認定を受けた。ホームタウンやスタジアムの件も含めて、関係者は並々ならぬ努力を重ねてきたはず。労いと祝福の言葉を贈らせていただきたい。おめでとうございます。

 同じ宮崎市に本拠を置き、同じ目標を掲げているJ.FC MIYAZAKIは、今回の件で苦しくなったのでは。宮崎からJクラブが誕生するなら1つのみ、と考えるのが自然だろう。「JFL」と「百年構想クラブ」という2つの看板を手にしたテゲバジャーロ宮崎とJ.FC MIYAZAKIでは、大きな差が開いたと言える。両クラブの差は、これに限らないのだが……。

 今回の件は、宮崎県内でも大きく報道されている。いずれも、課題として観客動員数を取りあげているのだが、自分は違和感をおぼえた。いや、この違和感は、以前から感じていたものだ。
 一言でいえば「手段と目的が逆転している」。Jリーグに参入するためにお客さんを増やす、という考え方はおかしいのでは? たくさんのファンに楽しんでもらえることが目的であって、その手段のひとつがJリーグだと自分は思うのだが(同じ椅子を争うライバルの存在があるだけに、Jリーグ入りを急ぎたい気持ちは理解できる)。これについては、また触れたい。
第20回日本フットボールリーグが閉幕
 第20回の日本フットボールリーグ(JFL)が11月18日に閉幕した。宮崎県勢の通算順位はテゲバジャーロが12位、ホンダロックSCが14位だった。ともに残留が決まっている。
 昇格1年目のテゲバジャーロ宮崎は、開幕から低迷がつづき、1stステージを最下位で終えた。しかし、監督交代後は成績が上向きになり、2ndステージは9位だった。成績は9勝5分16敗の勝ち点32。46得点は上位級だが、60失点はブービーだった。
 ホンダロックSCは開幕ダッシュが効いて、最初の宮崎ダービー(vsテゲバ)でも快勝。しかし、夏ごろから失速して1stステージは11位、2ndステージは14位。勝ち点では3差ながら、テゲバの下の順位で終わってしまった。29得点と52失点はともに、リーグで下から3番目の数字だ。
 リーグは、Honda FCが2位以下に圧倒的な差をつけて優勝。3位のヴァンラーレ八戸がJ3に参入する見込みで、最下位のコバルトーレ女川は東北1部リーグに降格することになった。わずか1年での降格は、プロフェソール宮崎以来だ。
 来シーズンのJFLに参加する残り2チームは、11月21日から25日まで行われる地域CLの決勝ラウンドで決まる。

 気になるのは、選手の退団などの動向だろうか。ホンダロックSCはホーム最終戦で発表済みで、公式HPで改めてリリースされるだろう。テゲバジャーロ宮崎については倉石監督になって以降、出場機会を失った選手は特に退団が予想される。

 さて、テゲバジャーロ宮崎については重要なことが待ち受けている。「Jリーグ百年構想クラブ」への申請だ。クラブは準備を進めているようで、ホーム最終戦で柳田代表から「申請する」と聞かされた。今月中に申請を行い、来年2月には結果が出る見込みだ。
宮崎県勢が2年連続で地域CLの決勝ラウンドへ
 日本フットボールリーグ(JFL)への昇格を懸けた『全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2018』の1次ラウンドが11月9日から3日間、全国の3会場で行われた。九州リーグ優勝のJ.FC MIYAZAKIは、昨年のテゲバジャーロ宮崎(現在はJFL)につづく、決勝ラウンド進出を果たした。

 その戦いぶりを振り返ってみよう。J.FCが戦ったのは、岐阜メモリアルセンター長良川競技場が舞台になったグループB。初戦は、東海1位の鈴鹿アンリミテッドFC。昨年同様に、今年も有力チームのひとつであったと思う。J.FCは先制を許したものの、PKで追いついて1-1で引き分けた(PK戦は今年から廃止)。
 2日目の相手は関西1位のバンディオンセ加古川。この試合も先制されたが、後半に追いつき、さらにアディショナルタイムに勝ち越し。2-1で勝って勝ち点を4にし、決勝ラウンド進出に王手をかけた。3日目のアルティスタ浅間(北信越2位)に勝てば、無条件で決勝ラウンド行きが決まる。
 結果は3-1。同組の鈴鹿アンリミテッドFCが同じ勝ち点で並び、得失点差で上回ったため、J.FCはワイルドカードでの進出となった。

 正直に言えば、J.FCの結果は予想外。自分は鈴鹿が1位で、ワイルドカードは(北海道代表のいる)グループAあたりと思っていた。九州リーグを観に行ったときに、チームが手堅く仕上がってるように感じたので、健闘するかもとは思っていたが。地の利があり、一番強いと思われた鈴鹿アンリミテッドFCとの初戦を落とさず、2戦目で劇的な勝利を手にしたことで、チームは勢いづいたのかもしれない。
 ここに来て、昨年就任した与那城ジョージ監督の手腕も活きていると思う。過去に2回、この大会を勝ち上がっているから。2戦目、3戦目とも交代枠の5人を使い切っているし、リードしたら遠慮なく守備の選手を投入している。昨年のテゲバジャーロ宮崎は、石崎監督(当時)の采配で昇格した。監督の手腕は、短期決戦ではより重要になる。

 J.FCと鈴鹿のほかに勝ち上がったのは、中国1位の松江シティFCと全社枠のFC刈谷。4チームとも、1次ラウンドでは無敗だった。決勝ラウンドは千葉県のゼットエーオリプリスタジアムで、11月21日から中1日で行われる。
 J.FCはまずは鈴鹿との再戦にのぞみ、松江、刈谷の順に対戦する。不安材料は、キャプテンの佐野裕哉が2日目以降、ベンチメンバーからも外れていたことか。
 ちなみに、自分の昇格予想(希望)は松江と鈴鹿だ。

【参考】
全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2018(JFA)
ホームでは久々の大敗
 第20回フットボールリーグを戦っているテゲバジャーロ宮崎。1stステージは苦戦つづきで、1年での降格もチラつくほどだったが、7月に入ってから8試合連続負け無しを記録し、降格圏から抜け出すことに成功した。今回のレポートは9月23日に都農町で行われたFC今治戦。この試合で、テゲバジャーロはホームではワーストの4点差負けを喫した。
トマトソフトクリーム
[READ MORE...]
九州リーグ2018宮崎集中開催
 第46回九州サッカーリーグのラストとなる宮崎集中開催が9月22日と23日に宮崎県総合運動公園で行われた。自分が足を運んだのは9月22日の土曜日。自分にとっては今季、最初で最後の九州リーグ観戦となった。
J.FCのFK
[READ MORE...]
テゲバジャーロ宮崎のJFLホーム初勝利
 2018年5月3日、第20回日本フットボールリーグの1stステージ第8節が全国各地で行われた。最下位のテゲバジャーロ宮崎は、同じ昇格組のコバルトーレ女川と対戦。8-1で大勝して、ホームゲームでの初勝利を手にした。しかし、3日後の次節は下位チームに敗戦。チームは最下位を脱出できずにいる。
スタンドに礼
[READ MORE...]
JFLで初めての宮崎ダービー
 2018年4月15日、都農町の藤見総合運動公園陸上競技場で第20回日本フットボールリーグの1stステージ第6節が行われた。対戦したのはテゲバジャーロ宮崎とホンダロックSC。JFLで初めて実現した“宮崎ダービー”は、ホンダロックSCが貫禄十分に勝利した。両チームは、5月13日に同所で開催される天皇杯県大会決勝で再び戦う。
看板
[READ MORE...]